人生かっぽ

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

人生で13番目くらいに好きな時間はタイヤ屋の待ち時間です

follow us in feedly

タイヤ屋とか、ケータイショップとかで、待たされる時間が、けっこう好きだ。
世界で13番目くらいに好きだ。

https://www.evernote.com/l/ACZLV-nyUClGC6kRNa8ud0oCpAqWOG2MaT0B/image.jpg

車を持ってからタイヤ屋にいくようになったわけだけど、今年もタイヤ交換に行った。
いや、行く前はそーとーグダる。
グダグタにグダる。
だって面倒なんだもん。
だから予約するのもそうとう時間がかかって、やっと予約する。
昨年は初めての青森ってのもあったのでこのグダグダを続けていたら11月前半に雪が本格的にふられ、大変な目にあったのでさすがに今年も繰り返すわけにはいかなかった。

休日の午前10時くらいに、ちょっと遅刻しそうになりながらどうして自分はこんなに早い時間に予約してしまったんだろうと後悔しながら、急いで準備して、そしてたどり着く。

テレビがあって、雑誌があって、Wi-Fiがあって、コーヒーなど飲み物は飲み放題だったりして、場所によってはスタッフさんが飲み物何にしますかと聞いてくれるところもある。
あとは車の点検が終わるまでゆったりくつろいであればいい。

ぼくはと言えば使いもしないのなら小さめのリュックにKindle端末やらiPadやら、ときにはMacBook Airすら持っていて、くつろぐ準備はバッチリで行く。

けれども時間はすぐに過ぎ去ってしまうもので、点検はあっという間に終わり、持ってきたものの半分も使わない。なんだかんだでSNSをあさっていたら時間はすぐに過ぎ去ってしまう。

それでも、かなり居心地がいい。
だからぼくはタイヤ屋の待ち時間が好きだ。


自分の家って居心地が良いようで実はノイズにあふれていると思う。
基本的に自分の生活に「足して」いったものの集合体が家だと思う。
その時、その時に自分に必要なものをどんどん足していく。
結果的に、いろんなものが増えすぎて、ただただ座るってことができないスペースになりがち。
少し前から「ミニマリスト=持たない人」ってのが増えたのもたぶんこういうこと。

その一方で、タイヤ屋に行けば当然だけど自分が足し算したものは極力ない。
厳密に言えばwi-fiがある時点で徹底はされていないのだけど、雑誌や書籍をダウンロードしたいぼくには十分。
テレビもないし、布団もない。冷蔵庫もない。
ただ座って、コーヒーを飲んで、さてと何するかなと考える。
要するに、自分の生活が一旦リセットされる感覚。


そういう手頃で豊かな非日常感が、タイヤ屋には、あると思ってる。
わざわざバリ島やセブ島にいく必要はないなと思う。

人生を、かっぽしよう