人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

存じ上げない人とぼくの関係

エッセイ 生死
follow us in feedly

そのお墓に眠る人を、ぼくは存じ上げない。
きっと、ぼくの親や、親戚のおじさんおばさんも知らない人でしょう。


お盆に墓参りをしてきました。

e45bd74344b5c428c4b3db3d482f0eb0

きっとここに眠る人がこの場所に初めて眠りに来たときは
多くの人が涙を流すなどして哀しみに溢れていたんだろうなあと
ぼくは思いを巡らせる。


「あら、こんにちはぁ」
と言って、おじさんがぼくの知らない人に挨拶をした。
どうやらこれまた親族らしい。
ってことはぼくの親族なわけか。
ぼくが知らない親族ってどこまでいるんだろう。親族はでかい。


「いい盆だねえ」なんて言って
自分たちのお墓に花を手向けながら笑いあう。


こうやって後に生きているぼくたちは集まっている。
けど、ここに眠っている人をぼくは存じ上げない。


存じ上げない人に花を手向け、お茶をあげ、ごちそうをあげ
そして手を合わせる。
ちょっとだけ今の人の幸せを祈る。
「安らかにお眠りください。これからも見守り下さい」
ある意味、勝手だと思うんです。
何が嬉しくてこの人たちは聞き届けているんだろうなあと思う。


こうやって、誰かに手を合わせられる日が
ぼくにもいつの日か来るんでしょうか。
そのとき、ぼくは
その祈りを聞き届けられるくらい器大きいのだろうか。




大きなものに包まれているなあ、ぼく。