人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

「やったほうが良い」ことばかり手を出すクセを持つのは

エッセイ コミュニケーション
follow us in feedly

「やったほうがいいこと」ってのが、世の中は、なんとまあ多いことか。

IMG_2371


世界は救ったほうがいいだろうし。
親孝行はしたほうがいいだろうし。
嘘はつかないほうがいいだろうし。
野菜を食べたほうがいいだろうし。
約束は守ったほうがいいだろうし。
おしゃれしたほうがいいだろうし。




いろんなお誘いが来る。
「遊ぼうよ」
「飲もうよ」


その誘いは人間からだけじゃない。

まちを見れば
「買おうよ」
「遊んでこうよ」
服やお店が手招きしてくる。


そこに確かな自分がいるんじゃないか。
あるいはそれを買った先に
あるいは誰かを慰めた先に
確かな自分がいるんじゃないか。
手招きされたその先に、まだ見ぬ自分を期待する。


「自分を持ってる人」
と呼ばれる人を見ると、
向かっていく先に、
その視線の先に、
あたかもはっきり自分が見えているように感じる。


いつぞや飲み終わりの、ある女性の背中と足取りを見て、なんとなくそんなことを思ったりもした。
きっと彼女は、振り返らないだろうなと。


世界は救ったほうがいいだろうし。
親孝行はしたほうがいいだろうし。
嘘はつかないほうがいいだろうし。
野菜を食べたほうがいいだろうし。
約束は守ったほうがいいだろうし。
おしゃれしたほうがいいだろうし。


けど、それは誰かに任せてもいいだろうし。
そう思ってんじゃないかと思う。


何にも持たず、カフェにでも行こう。



関連する記事
『2、3年目に入りやりたいことが分からないと嘆く人へ 勇気を持ってブレよう』
『何してんだよ、まったく』
『「私の決意や行動が友達に気に入られていない」と彼女は悩んでいた』
『なぜ「大学生こそブログ書こう」と僕は言いたいか。4年間大学(院)生としてブログを書いて得たある1つの素晴らしいこと』



人生を、かっぽしよう
%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2LINE.001

スポンサードリンク


ブクマ(コメント)いただけると嬉しいです
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事一覧へ


書いた人のTwitter見てみる


Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓

いいね!で定期更新情報や今読んでほしい過去記事などの情報を受け取る

毎日記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly