人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

アメリカよりもフランスよりも、この国は、病だ。とそのときぼくは思った

民主主義
follow us in feedly

なぜその本たちを手に取ったのか分からないけど
気持ちがどこか暗くなって、背筋に気持ち悪さが走ったのは確か。


大学一年生初日の講義が退屈すぎて途中で抜け出して
図書館に逃げ込んだ先。


今でもよく分からないのですけど
自分の興味の赴くままに手に取った本たちは
オウム真理教地下鉄サリン事件
ナチスドイツによるユダヤ人の迫害」
これらに関係するもの。

i.001



「テロ」
「迫害」
「多数者」
「少数者」
「いじめ」
「抑圧」
「暴走」


地下鉄サリン事件
日本人でも忘れがちになる。
世界でも類を見ない宗教団体による
化学兵器を使った同時多発テロは、
アメリカでもロシアでもフランスでもなく、
自分の国で起きている。


1995年 3月
早朝の霞ヶ関近くの地下鉄のラッシュアワー
ビニール袋に液体状で入れられた神経ガス サリン
それが数カ所の駅でオウム真理教教徒によって
尖った傘でつつかれ、電車や駅に広がる。
死傷者10名以上 負傷者は6000人以上。
サリンを除去しようと近づいた駅員も犠牲になる。


人生が一変する。
朝「行ってきます」と言って
きっとその日も「ただいま」と言えるはずだった運命が一変する。
帰らぬ人になったり
大きな障害が残り会話することも、もう、ままならない。


カール・シュミットはぼくらを取り囲む「民主主義」についてこう言って。
様々な人から敵視されます。

「民主主義の本質をなすものは、第一に、同質性ということであり、第二に ー必要な場合には ー 異質的なものの排除ないし絶滅ということである」


つまり、思想や言語や肌の色など「同じ何か」を持てないなら、
民主主義というルールでは、最悪、
追い出したり、
閉じ込めたり、
殺したりする流れになる。
民主主義ってそういうもんだよ、と。


この主張は
ナチスドイツがユダヤ人を迫害することを
正しいというような発言とされて、
様々な人から敵視されるのです。

民主主義。
みんなが決めたことを、正しいこととして、従おう。
大きく言うとそういうルール。


あの日、サリンをまいた教徒たちは
そのときの
「働け」「自分を見つけろ」
社会の曲がり角に鬱屈とした何かを抱えていて
自分たちの主張を社会に大きく響かせたくて
自分たちとは違う者たちを追い出したくて
サリンをまいたように思います。


ひとつの考えを持つ「同じ者たち」が
「違う者たち」をその中から消そうとする。
ぼくにはそういう点で
地下鉄サリン事件
ユダヤ人迫害も
同じに見えました。


そして民主主義に向けられた怒りの矛先は
他でもなくぼくらに向けられる。
罪があるのか罪がないのかわからない、ぼくたちに。


平和なように見えたこの国のどっかに
そういう不安や不満がむくむくと溜まっている。
そのことを想像して、ぼくは気持ち悪さを感じました。

今日、地下鉄サリン事件の最後の裁判が始まりました。


なんとも言えないのですが
民主主義の中にいる一人として見つめたいと思います。



人生を、かっぽしよう
%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2LINE.001


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事


人生の大切な時に決断できないんだよ、投票行かない人は - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

「お前が殺したんだろ」 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

「ONE PIECE(ワンピース)みたいですね、世界史って」と家庭教師先の生徒が言う - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ


書いた人のTwitter見てみる


Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓


毎日記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly