人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

日本が世界に誇るべき美しい写真集

身体 レビュー
follow us in feedly

もう本屋で見つけて、
ひとりでニマニマしながら見ていました。


先日は『寝起き女子』の写真集を見てニヤついた話をしましたが
今回も写真集つながりです。



和菓子の写真集とも言えるこれ。
ページを開くたびに
「うはー」「たまらんわー」
とか思いながら見ていました。


ぼくは和菓子がめちゃくちゃ好きです。
単なる味の問題ではありません。
そこには、体全体で季節を楽しもうという
日本人の失いたくない贅沢さがあると思うのです。

季節を食べるということ

Sakura and Mt. Fuji / 桜(さくら)と富士山(ふじさん)
Sakura and Mt. Fuji / 桜(さくら)と富士山(ふじさん) / TANAKA Juuyoh (田中十洋)



日本人は四季を楽しみます。


紹介した本の中にもあるのですが、

「山笑う」
「山滴る」
「山彩る」
「山粧う」
「山眠る」


という
日本人のこのような山への表現を見られるように、
山がまるで生きているかのように、
自然に対して愛着を持って、
そして敬いの気持ちを持って、
過ごしてきました。


そして、
四季の移り変わりを感じ取り、
受け入れ、楽しんできました。


ふきのとう
ふきのとう / akira yamada


和菓子は基本的に
砂糖、水飴、米、小麦、小豆などの
数種類のみの材料を使って表現されます。
洋菓子のようにフルーツを彩りに添えずに
それすら餡で表現したりします。


なのに、その表現の幅と言ったらハンパないわけです。


なかでも
「和菓子」と言うと多くの人が想像する
「練り菓子」。
「練り切り(白餡に 求肥やツクネイモを混ぜて練ったもの)」に
食用色素で色をつけて様々なかたちに仕立て上げたものです。


Wagashi: Traditional Japanese Confectionery: 和菓子、京都
Wagashi: Traditional Japanese Confectionery: 和菓子、京都 / Nullumayulife


代表的な種類の一つは、
牡丹(ぼたん)などの花をかたどったものですが
それ以外にも
「雪うさぎ」のような動物や
「冬支度」のように事柄を
表現することもあります。
(『WAGASHI』の中には写真があります)


そういった季節の表現を
数少ない素材からつくりあげ
目で見て想像し、
口に入れ
体全体で感じる

それが和菓子の哲学として感じられるわけです。


水まんじゅう食べる
水まんじゅう食べる / norio_nomura


その点で
ぼくの好きな和菓子を言えば、
それが一番感じられる水まんじゅうが一番好きです。


葛饅頭は夏を彩るお菓子ですが、
そのぷるぷるとした見た目が水を思わせ、
夏にも涼しげな印象を与えます。


目で見て、涼しさを感じ
その想像力で口の中に入れる。
そして涼しさを体全体で感じる。


最高の季節の楽しみ方だと思います。


DSC_7251
DSC_7251 / k14


見る、想像する、身体で感じる。
自分いっぱいで季節を楽しもうとするその粋な和菓子が、大好きなんです。



和菓子と言えば、このマンガも超オススメです。

あんどーなつ―江戸和菓子職人物語 (1) (ビッグコミックス)

あんどーなつ―江戸和菓子職人物語 (1) (ビッグコミックス)



西洋菓子学校を出た主人公安藤奈津が、
老舗和菓子屋で和菓子の魅力に引き込まれていく姿が、
とても面白い作品。
(作者が途中で亡くなったので未完なのが残念です)




人生を、かっぽしよう
%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2LINE.001


ブクマ(コメント)いただけると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事


【寝起き女子(写真集)】は「ブサイク」こそ可愛いということを教えてくれる - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

B級ショッピングセンター地下街の冬 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

21世紀おでん批判 概論 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

はたらくがつまらないのは、食べるをサボるから - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

他のレビューを読んでみる

レビュー カテゴリーの記事一覧 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ


書いた人のTwitter見てみる


Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓


毎日記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly