人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

仕事ができる組織は トイレ掃除ができると思う

はたらく バイト 大学生活
follow us in feedly

コンビニのバイトをするぼく
トイレ掃除をしているときが
一番嬉しくて楽しい時間。


toilet / dirtyboxface


そう言うと
キレイゴトを言っているように
捉えられるのですが
嘘じゃないんです。


実はそこには母の言葉があって。



「トイレが汚いところは
 良い仕事できない」


仕事の内容にないけど
自分の職場のトイレを
小一時間かけて掃除した。
そうちょっと誇らしげに話す母。


そういう話を聞くと
まだ働いたことのないぼくは
実感が湧かず
「なんで?」と
母の顔を見て
首をかしげたものでした。


その意味が分かるようになったのは
大きくなって自分もバイトで
働き始めてから。


自分たちで使うトイレに関しても
後に使う他のスタッフのことを考え
気持ちの良い状態に保つのは
別の仕事をする上でも生きて来ることだ。
自分が使った後の
流しの水滴を
無言で拭き取る上司を見て
そう感じたのです。


Homemade Blackberry Jam / Podknox


ぼくの働くコンビニは飲屋街の近くで
そのトイレの汚さと言ったら
ご察しの通りなのですが
それでもやっぱり好きでした。


あまりにも力を入れすぎて
「佐藤くん、いつまで
 トイレ掃除しているの」
 と何度も叱られましたが。



現場の臨機応変な動きを身につけたい。
そう思って
事務方のバイトを離れたのに
なんだかんだで
そういう裏方の仕事に
喜びを見いだしている自分がいて
笑ってしまいました。



トイレのような
一番お客さんの目に触れづらい
おもてなしの部分にまで
気配りができる人たちは
何をやっても気持ちの良いことを
考え行動できる。


直接には
何の価値にもならない仕事
なのかもしれませんが
それでも
明日のお客さんや
次に使うスタッフを想像すると
やっぱり楽しくて
なんか一人でにやにやしながら
ブラシを動かし続けたのでした。


関連する記事


僕が時給1,200円のバイトを初日に辞め 時給680円のバイトを選んだワケ - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ


たかがコピーとりがなぜ僕を感動させたのか 後輩が実践したたった1つのこと。 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ


飲み会やバイトばかりの人はくだらないと思ってた 「レベル低い人」とは付き合うべき? - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

「はたらく」に関する最近の記事もチェックしてみてくださいね。
記事をチェックする

毎日複数記事アップ中!最新記事はこちらに登録すれば見逃しません。簡単に登録できます。
follow us in feedly