人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

付き合いたいんです、飛び越えますよ

エッセイ コミュニケーション 恋愛
follow us in feedly

「付き合ったらどうなりますか」

Skitch%20%E3%81%A7%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88

よく恋愛相談を受けます。
自分だってそんなに恋愛が上手なんてことないのに

この時期、梅雨が明けるかどうかくらいのときに
一年で一番、恋愛相談をうけます。
かきいれ時です。お金はもらってませんけど。


ぼくだって恋愛相談したいくらいですよ。


今年は例年になく多いです。
すでに二桁相談が入っています(笑)


逆にぼくが相談したら相談乗ってくれるんでしょうね。


そんなこんなで
いくつも相談に乗っていると思うことがありまして。
「付き合うってなんだ」と。

まるで文字を見続けてると起こる
あれ、この文字こんな感じだっけ? みたいな。


結婚は契約なんですよね。
そりゃ当事者以外の権利とか発生しますから。お金の話も出ますし。
気持ちだけですまない話も出てくるのです。
けど、
付き合うということは、基本的にはそういう話ではないですよね。


「付き合いたいんです」
「付き合ったらどうなりますか」
「付き合ったほうがいいんですか」
そんな相談に

「付き合わないと、ごはんとかいけないの?」
「いや、行けるんですけど……」

「付き合わないと、連絡しちゃいけないの?」
「しますよ」


そんな答えが返ってくる。
じゃあ、何だよ「付き合う」って。


けれど、そうやって
悩んでいる方ひとりひとりを見ていて、じーっと見ていて、
ふと気づいたんです。
みんな自分でブレーキをかけているんだなあと。
まるで目の前に境界線があって
そこから先に行くことは自分が許さないような。


「その先、もう一歩、あなたに近づいていいですか」


「付き合いたい」この言葉は
そんなことを伝えたいんだと思いました。
そんな決意にも似た、約束。


お互いに知らず知らずに境界線を引いていて
けど
その境界線、飛び越えますよ、と。
いいですか、と。


飛び越えた先に、何があるのかは分からない。
もしかしたら何も無いのかもしれない。
けど、飛び越えたい、そう思わずにはいられない、あなた。
そんな感じなのだろうなあと。


今年は、なんだかんだで
一番ぼくが教えられている気がします。
身になればいいんだけどなあ。
相談のって下さいよ。ほんと。