人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

「恋愛に必死な人」は愚かですが「恋愛」を愚かだと言う人はもっと愚かだと思う

恋愛 コミュニケーション
follow us in feedly

「恋愛に一生懸命とか、私そういうとこから成長したんで」
とか言っていた人がいて。


恋愛をしている人は愚かだ。
恋愛は愚かだ。
そんな言葉が裏に隠れているような気がしました。


たしかに「恋愛をしている自分」は愚かだと思います。

けど、「恋愛」は愚かじゃない。


P1000763
P1000763 / dreamyshade


この記事を読んで思い出しました。



恋をすると愚かになる理由を、科学的に追究してみた結果 | ライフハッカー[日本版]
恋をしているときは、脳内でドラッグをやっているときと同じ状態になるとか。

今回はこの記事に対して批判を加えたいわけではなくて
これで「恋と愚かさ」ということで思い出したんです。



「恋愛に一生懸命とか、私そういうとこから成長したんで」
とか言っていた人がいて。


「恋愛に足を引っ張られたくない」
という人もいて。


「失恋で混乱してる自分カッコ悪い」
という人もいて。


「彼氏とは恋愛とか幼いからもうちょっと大人な関係になろう」
って言っていた人もいて。


もちろんそういうふうに言いたくなる気持ちも分かるんですけど
もう少し余裕を持って自分を見てあげようよって思うんです。


そういう言葉の裏に見えるのは
恋愛ってのは、自分が望んで追い求めるものじゃなくて
恋愛「ごとき」が自分という高尚な者、気高き者を振り回すなんて許せない。
恋愛に振り回されてる自分カッコ悪い
恋愛に振り回されてる自分は自分じゃない
だから恋愛は愚かな行為だ
とでも言うような。


けどその先にぼくが見るのは
彼の自分が恋愛しているときがとても怖い
とでも言うような気持ち。



恋愛が人を成長させるよりも前に見せる現実


Spilling The Beans
Spilling The Beans / A Pourshariati


「恋愛は人を成長させる」
という言葉はよく聞くけど、ぼくは本当にそうだと思います。
ただ、ちょっとだけ違って。


恋愛によって、ぼくらは異常な自分を見るんです。
そして異常な自分と向き合うと成長できるんです。

今まで見たことない自分をまざまざと見せつけられて
そんな自分にびっくりする。
けど、その自分と逃げないで向き合うと
焦ったり、怒ったり、狂ったり、馬鹿だったり、アホだったり
そういう自分がいつかどこかで出るかもしれない
と思って話したり行動できる。
そして他人にもそういう配慮ができる。


それが、成長につながる。深みにつながる。


ぼくも恋愛をしているときは楽しいですが
その一方で
毎度毎度、恋愛をしている自分は気持ちが悪くて、ウジウジしていて嫌だなあと思います。

気持ち悪いくらい必死で一生懸命でもがく自分にビックリします。



恋愛とスポーツと賭け事は
人の本性が出ると思うのです。


そこでは誰しも本当に勝ちたくて失いたくなくて
だから素直な自分を出す。
いつもは理性という服でひたかくしていた自分の顔が現れる。


たとえば、
深夜に、いや真昼間でも
好きな人に連絡して、
返ってこないと不安になって
また送ったりする。
いつもなら
「返ってこないのは何か事情があるからだから」
とかすました顔で言ってるのに。


けど、ちょっと時間を置いて一呼吸でもすると
途端にいつものすました自分が戻ってきて

返信も来てないのに
「ごめんね、なんでもないんだ」
とか言ったりする。




人はいつだって異常になる可能性がある

spill
spill / Josh Parrish



「まあ手に入らなかったらいいや」
というものではなくて
むしり取ってでも手に入れたいもの。
それを目の前にして自分はぶれてぶれてぶれまくってコントロールを失う。
けど、それも自分。


ただ、そんなコントロールを失った自分は
恋愛しているときだけ出てくるわけじゃなくて
気づいていないだけで恋愛以外でも出てくるわけで。
たとえば仕事、進学、就職、子育て
自分がなりふりかまわず手に入れたい、失いたくない
というものを目の前にしたとき、再び現れます。


そのときになってびっくりしないように
恋愛を重ねれば色んなことを目の前にしたときに
一呼吸おいて考えられるようになる。


だから恋愛は愚かなんてことはないんです。



愚かさを超えて深みのある人へ

マンデリン
マンデリン / is_kyoto_jp


ぼくが見てきた限りのイイ男、イイ女、あるいはそれ以外の性別の方ってのは
恋愛のように「異常な自分」が出たときでも
ああ、そういうことあるよね、あるある、
と受け止めたり理解しようとしてくれる人でした。


そういう人を目の前にすると、恋愛でも恋愛以外でも
自分のどんな弱みや異常な自分もさらけ出していいんじゃないか?
と思わせられるから。
磁石のように吸い寄せられてる自分がいる。



彼らが恋愛じゃなくても、仕事でも魅力的なのは
きっとその懐の深さがあるからなんだと思います。



恋愛をする自分はいつもいつも愚かに思えて嫌になっちゃうかもしれませんが
そんな愚かな自分の頭を「よしよし」とできれば、
そのとき自分は愚かとは全く別の方向にあるんじゃないかと。




人生を、かっぽしよう
%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2LINE.001


ブクマ(コメント)いただけると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事


コンプレックスに悩む彼女が 自分よりも太って一重の女性から教わったこと - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

「マザコン彼氏」なんて彼女が言ったのは、彼の母親に勝ちたいから - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

“添い寝フレンド”という関係を彼女は持っていた - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

別れぎわ、これが一番卑怯で一番やさしい女性の言葉 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ


恋愛の記事をもっと読む

恋愛 カテゴリーの記事一覧 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

最近の記事一覧へ

書いた人のTwitter見てみる


Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓


毎日記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly