人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

お前のやってることはただの自己満足だ

バイト
follow us in feedly

「お前のやってることはただの自己満足だ」
とぼくならお前に言う。

「ボランティアやってました」
って履歴書に書いてドヤ顔してるヤツと同じだ。
「バイトの経験が私を大きくしました」
って就活の面接ででも言って、
内輪で「ウチら頑張ったよね」
って生暖かい思い出に浸ってるヤツらと同じだ。

ぼくならお前にそう言う。

f:id:daichi6388:20150313235425j:plain

心血を注いでかつて働いたバイト先に行ってきた。
そしてそこは、もうじき無くなる。
いわゆる支社の撤退だ。
おそらくは期限内に目標数値達成できないからとかの「攻めの撤退」じゃなく、
「逃げの撤退」だ。


「会社を変えよう」
「やりましょう」
そう言われて入った。
バイトの組織を任された。
職員と議論し、交渉し、意思決定をした。
職員並みに働いた。
つもりだ。
それで何かを動かしていたつもりになっていただけだ、お前は。


結局何の数値的達成もせず、意識もせず、やってるつもりになってた
「おままごと」
じゃん。
お前のやってたことは。


「この数値をこのくらい達成して、顧客にこれだけ価値を与えました」
胸張って言えるのか。お前は。


それで会社が無くなると「職員がなぁ」か。
都合いい時だけ一員のつもりか。
ふざけんな。


悔しい。


今の自分ならお前よりもっと良い仕事ができる。してやる。


数値的なボトルネックを上司とのコミュニケーションから見つけ出して、
目標を提案して、
そこへ集中してバイトを投入し、
実行のサイクルを回した。
お前とは違う。


「良いアイディアを提案しても聞いてくれない」
とかほざいてるお前とは違う。
聞いてもらうんじゃなくて聞かせるんだ。



申し訳ない、会社の皆さん。後輩の皆さん。
うちの馬鹿が、申し訳ない。
絶対忘れない。




関連する記事
『できない人間が周りにいるのは、何よりも自分のせい』
『恩師が集まる夢を見る』
『ぼくらは生涯かけて誰かのGoogleになるべきだ』
人生を、かっぽしよう
%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2LINE.001

スポンサードリンク








ブクマ(コメント)いただけると嬉しいです
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事一覧へ

書いた人のTwitter見てみる


Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓

毎日記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly