人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

「白米系男子」の時代がやってきているんじゃないか?

恋愛
follow us in feedly

「大地さんは、少しくらい会うだけでいいんですよ。毎日はいいや(笑)」

という女子の言葉が、ぼくの耳を貫通する。

なんだと……?


その言葉が発端で、ぼくは「白米系男子」について
考えるようになりました。
my rice <3s me!
my rice <3s me! / jasoneppink


「大地さんはちょっと会うくらいでいいや」


実は、飲み会のくだりで言われたその言葉、
そのときだけ言われたことじゃないんです。


毎日一緒にいたいかと言われると、そうでもないかも」
と言われてフラれたこともあります。


「面白いんだけど『面白い知り合い』という距離くらいでいい」
というむごたらしい言葉すらいただいたこともあります。


この、
「あなたは楽しいけど、ちょっとでいい
という言葉にぼくは苦しみ続け、
同時に「毎日会いたい人」という目の前にはいなくて、
彼女らの頭の中にいる人間に白旗を降り続けてきました。



焼肉!
焼肉! / yto


ぼくみたいに
ちょっとでいい
人は、例えるなら焼き肉みたいなもんでしょう。
毎日食ったらちょっとキツい、みたいなね。


じゃあぼくのようなタイプではなく、
どのようなひとがいいかと言うと

「めちゃくちゃ面白いわけじゃないんだけど、
 毎日そばにいて欲しい感じ」


ほほお。




ぼくのブログでもたびたび書いているのですが、
例えば『高め合う恋愛を捨てて、彼女が帰ってきたところとは』
で紹介したような、刺激的な関係ではない帰りたくなる関係。
例えば「添い寝フレンド」のような恋人と友達の間の関係
例えば『恋人がそばにいる理由は「身体が満たされるから」になってく〜』で書いたような
とにかくそばにいることが大事な関係。
例えば『なぜこれからの若者の恋愛でガツガツした気持ちが嫌われるのか』で書いた適度な距離感が好まれる関係。
こういう中で書いてきた、すぐ横にいて、安心感を与えてくれる男性。

面白いというよりも
成長できるというよりも
身体的、精神的安心感。
こういう男性が、次第に人気になってきているのは、
少しずつ感じています。


そして、ぼくはこれに何かしら
ぴったりの名前をつけたいと思っていました。



草食系ほど奥手でもない。

いや、むしろ彼らは狙うとか狙わないとかじゃない。

もはや、親友のような近いところにいつつも、異性として認められる感じ。


いつでもそばにあって、
それによって落ち着いて、
安心感を得る、
そんな存在。


ぼくのような、1週間に1回とかでいい人が
「肉」
だとするなら…


そうか…!


rice
rice / Charles Haynes



白米だ…!



そう、白米は無いと落ち着かないけど、
あってもそれほど「おいしい!」とか感動されることは少ない。


しかし
何を食べても、みんなの箸は白米系にかえっていく…!


これだ…!



と言うことで、このような男性を今後、
「白米系男子」と積極的に読んでいくことを推奨して、
今回は筆を置きます。


他に良い呼び名があったらお待ちしております。




人生を、かっぽしよう
%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2LINE.001


ブクマ(コメント)いただけると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事


“添い寝フレンド”という関係を彼女は持っていた - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

なぜこれからの若者の恋愛でガツガツした気持ちが嫌われるのか - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

恋人がそばにいる理由は「身体が満たされるから」になってく。これからの時代 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

恋愛の記事をもっと読む

恋愛 カテゴリーの記事一覧 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

書いた人のTwitter見てみる


Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓


毎日記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly