人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

食事を写真に撮ることで、僕らは何をしているんだろうか

エッセイ
follow us in feedly

食事を写真に撮る行為がイヤだ、とか、アリだ、とかそんな話はよくある。
ケータイで画像が撮れるようになってからだろう。


41a78aa1f12f12ee69636a57a32679aa.image


先日も美味しそうな食べ物を目の前に、女性らがカシャカシャと写真を撮ってた。



いま、ぼくがしたいのは、そういう話というよりも


人が写真を撮るのはなんでだろう?


ということ。


ねえ、見て見て〜
と人に見せるために撮る人もいると思うのだけど、
ぼくの例で言えば、人にほぼ見せないし、自分で見返したりもしない。
友だちの話を聞いても、そんなものだ。


撮る瞬間
その瞬間を切り取ることに意味があるんだろうと思う。人生を切りとる感覚。

どちらかと言うと
切り取ることそれ自体に意味があるように思う。

この瞬間は特別だ。
と、カラカラと引っ張っていったトイレットペーパーのような
流るる人生を切り取るかのごとく。

そうやって、人生の強弱をつけ、切り取り、重ねて、
自分の人生をコンパクトにしていく。
自分の人生を、デザインしていく。
色々あったけど、これが私の人生でした、と。
見せたい部分を、見せていく。

煙くさい道路のあの一歩を踏みだしていた私じゃなくて、
この見るからに素敵なスウィーツを目の前にしている私が、私の人生でした、と。
誰に見せるのか?
おそらく他の誰でもない、自分自身に、だろう。


いやまぁ、表立って意識していることにそんな大それた意識なんてないと思うけど、
奥底にはきっとそんな気持ちがあるんじゃないか。


楽しむべきことか、哀しむべきことかは分からないけれども
人間は長い長い人生をそうやって切り取りながら、歩いていくのだろう。


関連する記事

『大人になることは弱さに触れられることなんだって思う』
『ゆずレモンミントティー と おっさん』
『「恋愛に必死な人」は愚かですが「恋愛」を愚かだと言う人はもっと愚かだと思う』
『なぜ片付け下手は自分の未来を決められないのか』

人生を、かっぽしよう
%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2LINE.001

スポンサードリンク







ブクマ(コメント)いただけると嬉しいです

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事一覧へ

書いた人のTwitter見てみる


Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓


毎日記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly