人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

女性たちよ。不本意なお持ち帰りされないために詐欺師たちの「もしも効果」に気をつけて

恋愛 恋愛詐欺
follow us in feedly

合コンお持ち帰りの猛者がいた。
猛者がいた。

彼らに鉄板のお持ち帰りするコミュニケーションがあった。

それでぼくも真似した。

そしたらホントにすごかった。

「もしも自分と〜〜だったらどうする?」
という質問。


だまされないために、だましの手口を公開します。


プロの手口「もしも効果」

Cotton Candy Flavored Candy Stick Macros May 02, 20104
Cotton Candy Flavored Candy Stick Macros May 02, 20104 / stevendepolo


数々の現場でこの「魔法の質問」が巧みに使われるのを見て、さらに、自らも試すなかで
「いや、これはさすがに効きすぎてあかんやろ」
と思うようになったのは
自分がいろんなステキ男性とタッグを組んで
合コンを月に7本もするようになってから。


言ってみれば、お持ち帰りも多いようなゲスな合コンも多かったのですが
同時に思ったのは、「どうしてこの人らこんな持ち帰りうまいの?」ということ。

明らかにガード固そうな人まで持ち帰られる現場に
ぼくはア然とし、そして尊敬の念すら覚え、
彼らを研究の対象とすることにしました。


そしたら、数ある手口のなかで、最大の効果をもたらすだろう、
ある共通の手口が見つかってきたのです。



それが

「もしも〜だったら……だよね?」


その質問によって、じぶんと相手が近しい仲になったとしたら、の質問をする。

たとえば、
「もしも僕ら一緒に買い物行ったとしたら、どういう感じになるかな」とか
「もし料理つくってもらえるとしたら、何つくってくれる?」とか
「もし一緒に遊びに行くならどこ行く?」とか
「もし付き合ったら、こういう人間とならどう付き合う?」とか


この流れがもう、本当に彼らお持ち帰りのプロは巧みで、巧みすぎて、感心するレベルです。


しかしこの質問、どういう効果があるのか。

それはと言うと「もしも効果」なわけですね。

もしも効果というのは、相手の頭のなかに「そういうことがある状況」を想像させる効果。

想像させて、今までありえなかった状況を頭のなかに入れることで、そういう事態もあり得る可能性をつくる。
一発二発ではあまり意味のないものだけど、
何度も何度も「もしも〜だったら?」という質問をすると、
じわりじわりとジャブのようにきいてくる。


一説には、人間が夢を見るのは危険な狩りをするイメージトレーニングをするために始まったと言います。
今はまだ現実になっていないことを、夢のなかで練習するとか。

もしも効果はその夢の例のように、
現実になっていないことを相手の頭のなかで練習させる効果があるんじゃないかなあと思うんです。


「もしも僕ら一緒に買い物行ったとしたら、どういう感じになるかな」
とか頭のなかで想像することで、今まで頭をよぎることすらしなかったことが、可能性としてでてくる。
で、だんだん相手に対して一線をこえる抵抗がなくなってくる。

そんな感じで一線を少しずつこえさせる準備をするのが
「もしも自分と〜〜だったらどうする?」
という質問にある、「もしも効果」



もしも効果をふせぐ2つの戦法


Cotton candy
Cotton candy / andrewmalone


ではこの
「もしも効果」
防ぐためにはどうしたら良いのか。


そのためには、もしも効果で想像させられたことを否定してすぐに打ち消してください。

方法は2つ。
ひとつは、答える前に否定して打ち消す。
もうひとつは、答えてから頭のなかで否定して打ち消す。

これです。



まずひとつ目の、答える前に否定して打ち消すってことですが
これは、もしも効果を持つ質問が来たら答えずに、答えないで、打ち消してしまうのです。

たとえばこんな感じ。
「もしも僕ら一緒に買い物行ったとしたら、どういう感じになるかな」
「えーわかんなーい」
「もし料理つくってもらえるとしたら、何つくってくれる?」
「え、作んないかな」
「もし一緒に遊びに行くならどこ行く?」
「遊びに行かないかなー」
「もし付き合ったら、こういう人間とならどう付き合う?」
「うーん、それは付き合ったら考えるかな。うふ」

はい、完璧です。見事打ち消しました。お見事!


もうひとつの、答えてから頭のなかで否定して打ち消す。
これは、いちおう、場の盛り上がりのために答えておきますが
イメージに洗脳されるまえに打ち消してしまうっていう方法です。


例を見てみましょう。
「もしも僕ら一緒に買い物行ったとしたら、どういう感じになるかな」
「んー。けっこう楽しいかもね」
(ぜってー行かねえ。死んでも行かねえ)
「もし料理つくってもらえるとしたら、何つくってくれる?」
「パエリアとか……?」
(作りません。自分でつくれ)
「もし一緒に遊びに行くならどこ行く?」
出雲大社とか、いいよね!」
(レッツゴーひとり旅)
「もし付き合ったら、こういう人間とならどう付き合う?」
「なんかあんまり連絡は取らなくても良さそうだよね」
(ていうかずっと取らないけどね。だって付き合わないからね)

エクセレント!素晴らしい!見事です。一匹残らず撃退しました隊長。



という感じです。
ぜひ防衛策をきちんと把握することをおすすめします。



***


ここまで読んでくると
「だいじょうぶ、だいじょうぶ、そんなだまされないから」
とか思っちゃうんですけど、そういうひとが一番危ないというのを見てきましたので警告しておきます。


で、あと、「ちょっとくらい気があるならそれくらい想像してあげてもいいのでは?」と思うのですが
それこそがまさに彼らの作戦だということも警告しておきます。

徹底的に否定して、それでもなお良さそうに見える相手や、想像してしまう相手がいたら、それはホンモノってことです。

誘導されずに、強い意志と目を持って、がんばってください。


あと、この場でだましの手口を公開すると同時に、これを使用した自らの罪も懺悔(ざんげ)します。
すいませんでした。


人生を、かっぽしよう

この記事を読んだらこちらも気に入っていただけるはず
スポンサードリンク



紹介します。厳選本51冊で僕の大学生活6年間を振り返る - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ