人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

飲み会で「人見知りぼっち化」を防ぐために飲み物の瓶を持ち歩く僕

コミュニケーション
follow us in feedly

飲み会で、よくぼっちになってました。
周りを見ると初めてばっかりの人だし
うまく話しかけられないしで、そわそわする。


今、その人見知りぼっちは飲み物の瓶を武器にすることで
ぼっちを防いでいます。



Craftheads
Craftheads / yto

お酒のマナーが死ぬほど嫌いだった。


今のコミュニケーションの武器との出会いはむしろ最悪で。
絶対にそんなことしてたまるか
という気持ちでした。


飲み会でのマナー
「目下の人が目上の人にお酒を注ぎに行く」
ぼくがこれが本当に嫌で。最初。


それを最初に教えられたのは、親戚の披露宴の席でのこと。
まだ高校を出たくらいのときだったぼくは
「やりたくない」の一点張り。


基本的に、ぼくは自分が納得のいかないことを強制されるのが好きじゃない。


けど、結局家族にさとされて、やる羽目になって。
しぶしぶと。


そこから、何回か親戚が集う場でそうする機会があって
いつからか「めんどくさいなあ」とか思いながらやるようになる。


けど、それが結果的に人見知りの自分の身を助けることになる。



飲み会や懇親会でぼっちになる


親戚が集まるような場所ではなくて
打って変わって自分が自主的に参加したイベントの懇親会や飲み会。


懇親会に参加する理由って多くの人が
「何かしらチャンスあるかも」と思うから。
そのチャンスがビジネスなのか、恋なのか、出世なのかは
人や状況それぞれによるけど
ぼくの場合もご多分に漏れずそんな感じで。


ただ、懇親会や飲み会って
小規模なものならまだしも人数も二桁を超えてくると
「この人と話してみなよ」なんてふうに
黙って待っている自分に対して
チャンスが来るなんてほとんどなくて、
みんな自分が楽しむことで精一杯だから気にかけてくれない。


だから、自分で道を切り開くしかない。



以前の記事で人見知り脱出には「きっかけ」が大事と書いたけれども
多くが面識がない人で、しかもみんな自分が話したい人と輪を作っているからきっかけを作りづらい。


だからぼくはぽつりとぼっちになって
「どうしよう」とそわそわする。


マナーをきっかけに

Voll-Damm スペインビール うまいぞ!
Voll-Damm スペインビール うまいぞ! / kosabe



そういうときに、ぼくは
あのとき死ぬほどイヤだったマナーを思い出す。



「お酒の瓶を持ってついで回りなさい」



そうかあれをきっかけにしてしまえばいいんだ。


マナーだったら知らない人に
「何飲みますか?」とか「つぎますか?」とか話しかけて
きっかけを作ることができる。
そこからは「どこ出身ですか?」とかその状況で適切な質問をすればいい。
知っている人だったら「今日はお疲れさまでした」と言えばいい。


お酒がなければ、もちろんジュースでもいい。


だからぼくは、テーブルのお酒を手に持って
話しかけたい人のグラスが空なのを見計らって
「あ、つぎますか?」と話しかけていく。


そうすると、
「ありがとうございます」とか
「あ、もう大丈夫です」とか
「あ、じゃあ違うのを」とか
返しは色々あるけど、とりあえず話せるきっかけはもらえる。
そしたら「このお酒おいしいですよね」とか続けていく。


初対面の人ばかりで、話しかけるきっかけがないなら
マナーのコミュニケーションをきっかけに利用してしまう。



「つがされている」から「ついでいる」へ


人見知りのぼくにとって
懇親会でのお酒の瓶は、むしろ武器です。


まあ、他に良い方法あったら教えてください。



人生を、かっぽしよう
%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2LINE.001


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事


人見知りによるウジウジ20年間を脱却できたのは「キャラ」を持てたから - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

もう一歩近づきたい相手がいる。そんなとき後輩がくれたこの質問が財産になった - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

飲み会やバイトばかりの人はくだらないと思ってた 「レベル低い人」とは付き合うべき? - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

彼女は昔の恋にすがりたいだけだった。結局 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ


書いた人のTwitter見てみる


Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓


毎日記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly