人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

何してんだよ、まったく

エッセイ 仙台
follow us in feedly

交差点を見下ろすのが好きなのです。
そこかしこに自分が見えるから。



交差点を見下ろしに行くためだけに

わざわざカフェに行くこともあって。


ビルの高いところからまち全体を見下ろすのも好き。
AERの展望台から見下ろすまちなみをよく見に行く。

Skitch%20%E3%81%A7%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88
見下ろすと色んなところに色んな自分がいるようで
あ、あそこに、馬鹿みたいにはしゃぐ自分。
あ、ちっちゃいことで喧嘩している自分。
うつむきながら歩いている自分。


見下ろすと
何の気なしにそんな自分が小さく見えるのだけど
きっとそのときはそのときで必死で
見境無いくらい目の前に夢中で
目の前のことが全てだと思ってるんだろうなあと、
微笑ましくなれるような、なれないような気持ちで見る。


細い通りに入ったり
目の前に何本も道があったりして
きっと迷うけど
ほら、ちょっと歩けばあとはまっすぐ大通り
心配するな、しゃんとして歩け。


道がそれそうになったら
こうやってもうひとりのぼくが
ぼくに声をかけられたらいいなあと思うけど
きっと頑固なぼくは耳なんか貸さないよなあとも思うのです。


この先ずっと見通しの良い大通り。
そんな気持ちで歩いているぼく。
けど、ちょっと歩けばまた目の前に道が何本も現れて、
顔を真っ青にして途方にくれるんだろうなあとか思うと
情けなくて笑えてきてしまいました。


とりあえず横にいるカップルがちくちく喧嘩していたから
そんくらいの喧嘩の仲裁はできるのかなあとか思いましたとさ。