人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

「誰よりも成功したいなら未来を買え」とそのおじさんが言った理由

仕事術
follow us in feedly

Apple Watchを買いまして。

f:id:daichi6388:20170319203041j:plain


なかなかにいろいろ使い込んでおります。

今回は、そのレビュー。
ではなく、
Apple Watchをどうして買ったのかということについて書きたいと思います。

「未来を買え。未来人になれ」
というあの日の言葉が、このたび思い出されたのです。

f:id:daichi6388:20170319203122j:plain


ある日の飲み屋。

ひとりで座っているぼくを見て、そのおっちゃんは話しかけてきた。

「にいちゃん、学生さんか?」
すでに若干酔っ払ってるおっちゃんを煙たがりながら、
ええ、そうですけど、と返答した。

そうか、学生さんか、何飲んでる?ビールか?よしじゃあおっさんおごったるからおっさんの話ちょっと聞け。

と勝手に話を進められて、
まぁビールおごってもらえるならいいか。と思って、
ついでに焼き鳥も何本かおごってもらって、
おっちゃんの話を少し聞くことにした。


聞けば、
おっちゃんはぼくと同じ大学の出身で、
複数の事業を展開して、
ちょうど仙台に来ていたのだと語った。

当時起業に興味があったぼくは、
いろんな事業をやってうまくいってる(おっちゃん談)という話には少し興味をそそられたので

「どうやったら儲かりますか?」
なんて聞いてみた。


そうすると、おっちゃんは
「いい質問だ、おにいちゃん」
とかなんとか言いながら、バックをゴソゴソし出した。


で、出て来たのはテレビでよく見ていた薄い機械だった。

「これ知ってるか?」
「知ってます。iPadですよね?」

その当時世の中で発売したてで話題だったiPadが目の前に出された。


「そう。おにいちゃんこれ持ってる?」
「いや、持ってないです」
「なんで?」
「必要ないっす」

そう聞くと、おっちゃんは、
それそれ、とでも言うように
人差し指をこっちに向けて縦に振った。

「おにいちゃんとおっさんの違いはね、それ」

「周りの様子見て使えるなとか思って動いた頃にはみんなと同じだから。
 その頃にはもうね、これ使えますよーって情報流してるやつとか、
 これを使って何かしてるやつが儲けてんのな。

 ビジネスも同じ。
 株も同じ。
 これ儲かるとかみんなが分かりきって、
 さらにみんなの動き見て動いてたら、
 100ある利益を100人で分けてるようなもんだから。

 けど、まだみんながこんなもん使えんのかとか思って
 見向きもしないうちになんとなく面白いからって注目して使い方見出して世の中広めてみ。
 100の利益ひとりじめだから」


なるほど、とうなづいた。

おっちゃんはな、このiPadでまた面白いことやろうと思ってるんだよ。
と言いながらおっちゃんはiPadをしまった。

しまうと、おっちゃんは酒で真っ赤になった顔でドヤ顔してこう言った。


「にいちゃん、未来を買うんだ。
 未来人になるの。
 まわりの様子見てからでは過去からしか考えないからな」


ぼくがまわりが理解できないほど新しいものを試したり買ったりするのは、このことがあってからだと思う。

未来を買う。
流行るだろうものを流行る前から目をつけて
流行る前に手に入れてみる癖をつける。
面白いか面白くないか人から教わる前に自分の判断で手に入れる。

そんなことをおっちゃんから教わった。

もちろん、
流行らなかったものもあるし、
使えなくてすぐにお蔵入りになったものもある。

けど
ファシリテーション」とか
「場づくり」とか
「コミュニティ」とか
Evernote」とか
WiMAX」とか
まわりでスタンダードになっていないうちに調べてお金を使って身を投じてみた。


そうすると、わかって来たことがありまして。


周りよりも先に手をつけると
注目を集める

詳しい人だと思われる

それについて相談が来る

相談が来るうちに詳しい人になる

「このことと言えばあの人」と依頼や仕事や面白い話が舞い込む

ということ。


そう言えば、織田信長もたしかこんなことしていたなぁ。



未来を買う。


いつの間にか身体に染み付いていたこの感覚を、
なんとなく面白そう。
「なんとなく未来っぽそう」
という理由が大半で買ったApple Watchを見ながら
久しぶりに思い出しました。


人生をかっぽしよう