人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

やりたいことを邪魔するもの。そんなのは算数と同じ考え方をすればいい

勉強 目標達成 挫折
follow us in feedly

2年前の日記が出てきたんですよ。

そしたら、こんなこと書いてて

やりたいことはたくさんある。
けど、いろんなことが邪魔にもなってくる。うまくいかない現実も出てくる。つまらないことも出てくる。
ただ、これって数学の条件式じゃん。
楽しまないと。


「数学の条件式じゃん」って、どういうことかと思うんですけど。
もうちょっと詳しく説明していきますね。

first asparagus
first asparagus / Muffet


たとえば、こういう問題がある。

★+◉=0
を満たす★と◉の組合せを答えなさい。

っていうのに答えようとするなら、いっくらでも答えはある。

どっちも0でもいいし、1と-1でも、2と-2でも1/2と-1/2でも√3と-√3でもいい。1,000と-1,000でもいい。
答えは、無限にある。


けど、ここに、条件が足される。

「★と◉は、-10以上10以下である」

1,000と-1,000は答えにはできない。

そしてさらに条件が厳しくなる。

「★と◉は、-10以上10以下の分数である」

整数は使えないから、-1と1なんかは使えない。


こうやって、条件が増えていくほどに、答えの数は減っていく。



ぼくらには「無ければ良いのに」ってことばっかりだ



こういうことと、同じだと思ったわけです。ぼくらの人生も。
何にも条件がないなら、答えは無限大にあるわけで、けど、条件が増えていく。やっちゃいけないことや、やりたくないことなんかのNGなことが増えていく。

彼氏欲しいいいい。
と言い回ってるくせに
頭のどこかでは「ただしイケメンに限る」とか言ってるわけで。

「就職早く決めたいいいい」「金欲しいいいい」
「ただし年収400万以上」
「水商売を除く」
とか考えてるわけで。

そんなふうにですね、知らず知らずのうちに条件を足してるわけなんですけど、やっぱそうしたら答えの数は減ってくわけで。



で、ぼくらの人生って結局のところ、どっかで不平等じゃないすか。
だってぼく高級住宅街住んでないし、小遣いってもらったことないし、東日本大震災受けてるし、英語圏に生まれなかったし。ぼくマイケルジャクソンじゃないし。顔濃いし。
何をもって平等かなんてのは、これまたたくさん議論されるところなんですけど、彼彼女にあって、ぼくにないもの、あるいはその逆なものってたくさんあって。

けど、かなしいかな、しゃあないところもあるんですよね。
こういうのは、条件式として受け入れていくしかない。
その中で、たとえ少なくても答えを出していくしかない。
というね。

そして、出来れば楽しみたいなと思ったんですよね。
答えが無限にあるって、つまんないというか、答える気すらしないというか。
だから、ちょっとくらい条件があったほうがいいなと。

で、条件たくさんあると答え決まりやすかったりして。

ぼく、マンガ『ジャイアントキリング』で好きな話があって、
世良(せら)って選手がいるんですけど、その選手、背も小さいし、スピードもないから、他の選手に劣るけど、監督のタツミはこういうわけです。

おそらく世良みたいな連中は、劣等感から始まってる。
できないことを消去し、出来ることだけを磨いてプレーしてる
…(中略)
そういう選手の頑張りがチームを強くするんだ。




 ***


つまらないこと、できないこと、邪魔なこと、こうできたらいいなぁってこと、色々あるけど、それは、自分が答えを見つけ出す条件。
だったら、そこから、探さなきゃなぁと。

数学好きなぼくらしい日記でございましたなぁ。




関連する記事
『仕事を辞める人、続ける人の違いは「グリット」を持てる経験にあるんじゃないか』
『僕が時給1,200円のバイトを初日に辞め 時給680円のバイトを選んだワケ』
『オトコたちが近づき過ぎるなら、ボディーガードに指輪がきく』
『紹介します。厳選本51冊で僕の大学生活6年間を振り返る』

スポンサードリンク



人生を、かっぽしよう
%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2LINE.001

スポンサードリンク


ブクマ(コメント)いただけると嬉しいです
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を気に入ったらいいね!

最近の記事一覧へ

書いた人のTwitter見てみる


Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓

毎日記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly