人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

隣に彼氏がいるとしても、朝起きた時と夜寝る前は、必ずひとりの時間をつくるの

エッセイ ストレス 時間管理
follow us in feedly

「隣に彼氏がいるとしても、朝起きた時と夜寝る前は、必ずひとりの時間をつくるの」

と言ったのは、ぼくが尊敬すべき先輩だった。

https://instagram.com/p/4eaVyQxGGA/
コーヒーソーダ 微妙だったなり


最近は「ひとりでいることの強さ」ってのがぼくの中のテーマです。

みんなでやることの強さってのはある程度酸いも苦いも噛み分けてきたつもりなのだけど
根がかまってちゃんなので、ともすると、一人ぼっちの隙間を埋めるように周りにすり寄る自分を見つける。


サバっとした先輩だった。

いつも話しかけやすいのだけど
「自分モード」に入ったキリッとした姿の彼女を見ると
こちらもシャンとしないといけないと思わされるくらいだった。


気になって一度だけ聞いたことがあった。
「切り替えすごいですよね」

そうかな、とけらけら笑った後に
あ、でも、と続けて
「自分ひとりになる時間はすごい大切にしてるかな。
 絶対確保はするようにしてて、それは譲れないんだ」
と言っていた。

「そんなにですか」とぼくが突っ込むと
「隣に彼氏がいるとしても、朝起きた時と夜寝る前は、必ずひとりの時間をつくるの」
と。


そのときは、へえ、くらいで聞き流してしまったのだけど
今、自分自身が「ひとりでいることの強さ」ということを考えると
やっぱり彼女の言葉が真っ先に思い出される。


誰かを切り捨てるわけではない「ひとり」。



たぶん、誰しもが他人と溶け込み合う中で、
それでも自分っていうものを自分の力で動かし続ける上で
何かしらルールを持っているんだと思う。
それはたまに忘れてしまうと思うんだけれどもさ。



今日はカフェでひとり、
ここ3ヶ月くらいずっと考えている、次にブログを使って挑戦してみたい面白いことを練っていて
タニタしていた。


ひとりの時間を、
「寂しさ」とか、それに似た言葉でとらえて、何かで埋め合わせるのか、
むしろ「充実」みたいな言葉でとらえて、そこに温泉でもつくって自分の心地よい場所にするのか。


まあ、途中から有村架純さんのかわいい画像を見つけてニタニタしているあたり
まだぼくも修行が足りないんだと思うんですけども。



このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだらこちらも気に入っていただけるはず
copy.hatenablog.com
copy.hatenablog.com
copy.hatenablog.com


人生を、かっぽしよう
%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2LINE.001

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


この記事を気に入ったらいいね!

スポンサードリンク


最近の記事一覧へ

書いた人のTwitter見てみる


Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓

毎日記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly