人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

値切り交渉術5ヶ条を、合コン月7本を店と交渉した男が教えます

イベント 恋愛 大学生活 コミュニケーション
follow us in feedly

ぼくのブログでは、恋愛の記事を多くあげていますが
「そもそも恋愛する前に出会いの場所がねえんだよ!」という声も聞こえてきます。

じゃあ合コンして出会いの場所をつくろう。


しかし、お金が……


ということで、
月によっては7回合コンを開いてきたぼくが
大量に合コンをする際にできるだけ安く済ませるお店との交渉術を紹介します。
もちろん、普段の飲み会やイベントでも使えますよ。


Pints of Beer
Pints of Beer / Simon Cocks

1. 予約は「火、水、木」で交渉せよ

My 2010 Planner
My 2010 Planner / koalazymonkey

まず交渉を有利に進める上で最も大事なポイント。
予約を入れるのは火、水、木曜日に設定して交渉してください。

その理由は、その日が飲み屋は客の入りが悪いから。
金土の休み前や日曜の休みの日が混むのはよく知られた話ですが、
意外と月曜日も混むのは要チェックです。
これは、月曜日に景気付けに一杯飲んでいく人が多いから。


ただ、この具体的な曜日はお店によって違ったりもするので、
事前にお店に行ったりしてリサーチをかけておくと抜かりないですね。


相手が売りたくて困っているタイミングを見極める。



2. できるだけ個人経営の店を選べ

Budapest - Lánchíd Söröző
Budapest - Lánchíd Söröző / Sgt Garcia F

店を選ぶ際は、個人経営の店を選んで交渉をするようにしてください。


というのも、チェーン店だと、料金体系などが本部の指示で決められていることが多く、その店の店長の気持ちどうこうで価格などの交渉ができないからです。


ですから、値段の設定が店長の意思でできる、個人経営の店を狙うようにすると良いと思います。


もちろん、ぼくの経験上
チェーン店でも価格を交渉できる店もありました。
(それはお店ごとの店長の自由度が違うためです)
なので、チェーン店だからと言っても全てダメとは限りません。


交渉する際の鉄則です。
「決定を下せる人間と交渉せよ」
窓口の人が決定できる人とは限りません。



3. 他の店と競争させる

Lyon Extra Race
Lyon Extra Race / Goproo3


プランの交渉をするときは、
他の店も検討していて、悩んでいることを伝えます。


なぜなら、「利益が他の人に取られるかもしれない」と相手を焦らせることで
ある程度こちらの要望を聞いてもらいやすくなるから。


自分しか交渉相手がいない
と思うと、相手は自分の要求を自由に述べて、こちらの意見は聞きません。


「今、これくらいの値段で他の店とも迷っていて、これくらいの値段でできませんか?」
と提案してみましょう。


他と競争関係にあることを見せて、要求を通しやすく。


4. メニューをカスタマイズせよ

Spanner
Spanner / Elsie esq.


これは、
「このプランはこの値段でしかできませんね」
と、一度交渉を断れたときに使っていた手段でした。


お店で決まっているプランを、自分の手で減らしてカスタマイズすることで、値段を下げます。


例えば
「4,500円のプランの中の魚なしでもいいので、500円下げられませんか?」
なんて具合に。


逆に、値段を上げても良いので料理の量や質を上げてもらうこともできます。


交渉する際は自分にとって何が必要で何が不要かを見極める。
そして、相手の決めたパッケージで交渉しない。自分で決める。


お酒なのか、場所なのか、料理なのか、接客なのか。
それによって、不要な部分を省いて欲しいものを多く手に入れることができます。



5. 幹事を一手に引き受けてパッケージで交渉せよ

A sea of jellybeans 4
A sea of jellybeans 4 / hairyhenderson

最後に、これは秘技なんですが、
もしも合コン、あるいは飲み会が近いうちに複数開催されるようなら、幹事を一手に引き受けてしまいましょう。
それから、これを同じ店で予約します。


これをする理由は、複数の飲み会をまとめて、その店で予約すると交渉することで、安くしてもらうためです。

なぜこれが成立するのか。それは
毎月毎月が勝負の売り手にとっては、できるだけ早めに、確実な利益を確保したいと思うものだから。



なので
「この日とこの日、どっちもこの店で予約するので、ちょっとだけ安くできませんか?」
というような形でお願いしてみてください。



以上、まとめると
1. 予約は「火、水、木」で交渉せよ
2. できるだけ個人経営の店を選べ
3. 他の店と競争させる
4. メニューをカスタマイズせよ
5. 幹事を一手に引き受けてパッケージで交渉せよ

異性に出会うにしても、友達の輪を広げるにしても飲み会はかかせませんよね。
ぜひこの交渉術を使って、飲み会を安くたくさん、有意義にやっちゃってください。


人生を、かっぽしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事


知らないと損!交渉時に相手を4タイプに分けて 成功させる方法 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ


間違ったコミュニケーション!「なぜ」はなぜ使ってはいけない? - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ


モテない男の会話術〜女子の本音〜 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ



書いた人をフォロー

Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓


毎日複数記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly