人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

彼女自身に耳を傾けてる

エッセイ コミュニケーション
follow us in feedly

「それでね、マレフィセントがね…翼をね…でね…ってなっちゃうの」
小さな女の子が一生懸命お母さんに話しかけていた。
映画『マレフィセント』の話をしている。

0ceca6a92fa8331f6d6c1acc3f426d23

「で、オチは?」などとはお母さんは聞きません。
「うん、うん」と聞き続ける。
そこに嘘くささは何もない。
「聞いてあげる母」を演じているわけでもない。


本当に、彼女の話に興味を示している。
というか、
彼女がいきいきと何かを見ていることを
楽しんでいるようにも見える。


彼女自身に興味を持つということ。
それって究極のコミュニケーション。
何を言っても楽しみであり、驚きであり、感動になるんですね。



彼女が話すストーリーの質がどうこうではなく
彼女自身に興味を持ち、彼女が見る世界に興味を持つ。
彼女が何を見たのか。
彼女が楽しそうなのか。
彼女が今、話している。


その瞬間に、「彼女自身」が聴く価値のあることに変わる。
話す側も、聴く側も、どちらもわざと臭くない
いきいきとした時間に変わる。


それはもう、なんだろうな
役に立つかどうかなんていう狭いやりとりではないんですよね。


親と言うのは、それを備えているのかもしれないな、と。
生まれて来てくれてありがとうとは、つまりはそれで。


そしてそれを僕らは、
ひとつ、愛と呼んでいるのかもしれないと思わせられるんです。