人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

改札で緊張するわけ

エッセイ ストレス
follow us in feedly

改札口が止まるのを見るとほんとに辛い。

31edfb2b20a866e2b0c37a987c09522c

周りが明らかに迷惑そうな顔をして、
動かなくなった改札口をよけて
別に移る。
今日もそうだった。


チケットをもう一度通してもまた同じことの繰り返し。


すいません、すいません
とその人が頭を下げて改札から戻る。



冷たい視線ばっかり刺さるのがよく分かる。
「この人悪くないんですっ!」
「どうか許してあげてちょうだいっ!」
ってなんかすごいかばってあげたくなるんです。
なんでおばさま口調なのかは置いといて。



よく駅は身体みたいだと思って。
人が血液みたいにこっちで流れ、あっちで流れ、みたいに。



急かす世の中。
急かされる世の中。
遅いと取り残される世の中。
遅いと迷惑をかける世の中。


そんな世の中が改札口を通って行って。
そこから通った人が世の中を作って行って。


たまに、全ての改札口でトラブルを起こしたら
世の中はどうなってしまうんだろうとか
意地の悪いことを考えるけど、
そしたらぼくは袋だたきにでもあうんでしょうね。


だから何気にぼくは改札口が慣れないのです。どきどき。