人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

「どうなりたいか」なんて質問難しすぎるよって思って「感想」言えばうまくいくって気づく

挑戦 大学生活 行動化
follow us in feedly

あっという間に6ヶ月が終わろうとしている。
年をまたいでから。

今週が終われば、来週からは7/1、つまり下半期に突入する。
こんにちは。

今年もところどころで
口ばっかりの自分がいる。

Blue Hydrangea
Blue Hydrangea / Tom Bech

威勢の良いことを新年に言ってはみたものの
だいたい6ヶ月経つ頃には
「あっという間に6ヶ月ですよ」
なんてことを言い始めている。
時の流れをただ感じ入ったりノスタルジーを感じるための一大イベントになるだけ。
「時の流れは早いねえ」
なんて言ったりして。


2015年 元旦に、
「どんな一年にしたいですか」
その質問になんてこたえたか。



何か誓いっぽいことを打ち立てるときに
感想から決めてしまう

これはある本当の出会いから学んだこと。

そして口ばっかりになっているとき、そのたびごとに考えること。




その本との出会い

赤ちゃんアジサイ Baby hydrangea
赤ちゃんアジサイ Baby hydrangea / "KIUKO"


安穏としていたときでした。


何やらやりたいことはあるようで、ないようで。
大学に通いながらなんとなくそこにイライラを抱えていて。

でもやり方なんかわからなくて

このまんま頑張りゃなんとかなるのかなと。
けど、なんか先が見えねえな。
自分どこに向かってるんだ。どこ向かいたいんだ。


そんなどん詰まりみたいな考え方になっていて。


『全脳思考』
って本を読んだんです。

全脳思考

全脳思考


ぼくを物語る51冊にもあげさせていただいています。

親愛なるAmazonさんがオススメしてきたから。

パラパラ読んでいたとき。

この本の中で何か商品を考えるときに、
「それを手にいれる前と手に入れたときでは
 どんなセリフを言っているでしょうか」
って質問を考えることで、
その商品を具体的にどんな風にする必要があるのか考えていく
って内容があったんです


%E5%85%A8%E8%84%B3%E6%80%9D%E8%80%83_%E5%AE%9F%E7%BF%92%E7%94%A8%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88.pptx%20-%20Microsoft%20PowerPoint%20Online
スライドはこちらから



これだ、と。

それ読んでいたときに、ビビッと来たんですね。


自分の目標決めるときもこの考えかたのほうが楽じゃん!と。
なんか薄ぼんやり道が見えた気がしまして。


感想→想像→緊張→実行

紫陽花 (Ajisai: Hydrangea)
紫陽花 (Ajisai: Hydrangea) / halfrain


そこからは、感想から決めてしまうようにしました。

「7/1はこうなっていたい」
よりも
「7/1はこう言っていたい」
みたいな。


そこからどんなことが必要なのか、一心不乱にノートに書いていく。
「こういうふうに言うってことはこれ必要だよなあ」
「あれ、これ調べてみたほうが良いんじゃないか」
「1日どれくらい時間かければいいだろうな」
「うおお、なかなか道は険しそうだ」
パソコンを開いて、調べていく。

そうやって見えてきたもののひとつに、
このブログもあったわけです。



ふわふわしたことだけ宣言したとする。
「こんな風になる」とか「こういうことしていたい」とか
あるいは「今年の一字」とか
たしかに
やっぱり夢や希望膨らむんですよね。これを言うと。
だからやるんですけど。

けっきょくそれっきりで。
ふわふわしてるから。
そうなるためにどうして良いかわからない。


ふわふわしているときと実現性のあることを考えているとき
違いはなんなのかって考えると
それは「緊張感」で。
そして緊張感が生まれる理由はどれだけ想像できてるかってことで。

しっかり想像できると、ワクワクと一緒にちょっと緊張してくるわけです。
1年後が。
「うわーやべえ、ちょっとマジでがんばろ」って。


もちろん
未来を考えるときに「数字」を言っても良いと思いますし
数字って実際必要だと思います。

「100回達成目標!」

でも、数字だけ考えてると
全然気持ちが湧いてこない。

「100回達成目標!」
「はあ、100回ね」
みたいな。

それに加えて
「どうなりたいの?」
って質問が一番困ってて。

どうなりたいのなんて、下手なJ−Popの歌詞みたいなこと浮かんでくるはずないし
それ浮かんでくるんだったら人生もっとバラ色だわ!って思う。



 ***


忘れたり、思い出したりしながら
「やばい、ふわふわしてる」
と思うと、今もあの日に立ち返って想像します。

未来の自分を演じたりします。

「何て言うだろうな、そのときの自分」
「そしたら周りに誰がいるだろう」
こんなふうに。


そう言えば幼稚園の頃なんかは
カラスになりたい、とか言ってたんだけどなあ。
もっとこういうことも言っていきたい。
「ぼく、カラスになりたい!」
そしたら「感想」って何になるんだろうか。

集中治療室に連れて行かれないことだけを願います。



このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだらこちらも気に入っていただけるはず
copy.hatenablog.com
copy.hatenablog.com
copy.hatenablog.com

全脳思考

全脳思考


人生を、かっぽしよう
%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2LINE.001

スポンサードリンク


この記事を気に入ったらいいね!

スポンサードリンク


最近の記事一覧へ

書いた人のTwitter見てみる


Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓

毎日記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly