人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

意味もなく、あてもなく、な1日もいい

follow us in feedly

雪の松島へやってくる。

IMG_1657

色んな課題をこなすことができたので
お礼参りのような感じもする。
松島で特に願掛けも何もしていないのだけど
こういうとき、好きな場所にお礼参りしたくなるのは
ぼくだけだろうか。
なんか、見ていてくれてありがとう、という感覚になるから、お礼参りに出かける。


案の定、だ。
大雪のせいで、観光客が少ない。
けど、こっちのほうが好きだ。


人でも場所でも、そうだ。
みんながワイワイいるときよりも
人がよりつかないときの方が好き。
ひねくれてる。

IMG_1659

こんなんだから、好きなものを束縛したがる自分になるんだ。
とか自分にぶつくさ言いながら
それでもすれ違うのは下校中の小学生くらいで。
傘もささずに髪の毛を雪で濡らしながら歩く姿に元気さを感じる。
おじさんはそんなことしたら絶対に明日風邪ひくよ。


広場で雪があるから、突如として雪だるまを作りたくなったので作った。

IMG_1661

観光客でもこんなことはしていない。
けど、こっちのほうが風情があるだろう。
外からやってきたものが、雪だるまを作って遊ぶ。
それはなんとも風情がある。

IMG_1662

五大堂に行く。
おみくじがあるので引こうと思った。
けど、百円玉しか受け付けていなくておみくじをひけない。
しょうがない、どっかで崩してくるか。


ということで、いつものカフェに行く。
いつもは入れ替わり立ち代わりで観光客が訪れるカフェも、
やっぱり雪の影響で人はほとんどいない。


今日はいつもと違う席に座る。
なんとなく、いつもと違う自分を見てみたかったから。


ぼくがこのお店が好きなのは
このお店にお気に入りの店員さんがいるからだ。
もはやぼくはその店員さんのこっそりとしたファンと言ってもいい。
今日はいなかったけど。


コーヒーを一杯頼んで
黒いモレスキンを一冊取り出す。
日記を書いたノートだ。
表紙のしっとり感が手になじむ。
ノートに手触り感なんて求める日が来るとはね。
最初はプレゼントにもらったノートだったけど
もうぼくはこのしっとり感をやめられないと思う。
モレスキン、素晴らしい。


コーヒーをひとすすりして1ページをめくり
ひとすすりして1ページをめくる。
今日まで色んな葛藤や乗り越えてきた日が広がる。
そうだ、あのときああやって考えてきた。
そうだ、そうだ、そうだ。
そうして次やりたいことをむくむくと想像する。


窓から外を見やる。
ジオラマのように雪景色が広がる。


IMG_3444


カフェで1000円札を払ってお釣りを出して
おみくじを引けるようにしようと思ったのに
500円玉でお釣りを出されたので
結局帰りもおみくじはひけない。


今は神に頼るなということの表れか。
そういうことなのか。



そんなあてもなく、
意味もなく、
ふらふらする日も、
人生の1日なり。



人生を、かっぽしよう