人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

いつまで先生に褒められて喜んでるんだ、大学生。先生のある一言が僕の大学生活に衝撃を与えた

大学生活 コミュニケーション 行動化
follow us in feedly

頭が良い自分の将来に酔いしれていたんだと思います。

進路のことを考えていたぼくは、
大学の恩師に相談しにいきました。
学部2年の終わりの話です。

「政治のシステムについてこんな風にすべきだと考えています」
「研究することで、こんな興味も出てきました」
「政治的な弱者が…」



「ああ、立派ですね」
「こういう道に進んでみたらいかがですか?」
そんな風に褒めて欲しかったんだと思います。

しかし、恩師が言ったことはぼくが期待していたこと違いました。


Kawagoe_06
Kawagoe_06 / ajari


実際のところ、最初の方は恩師も
「まあ、研究の道もあるでしょうね」
社会起業家なんてのも仕事もありますね」
などと返してくれたのですけど


次にかけてくれた一言が、ぼくに今後ずっと衝撃を残すことになりました。



「で、そんなことを言っている佐藤さんは、今、何をしてるんですか?」



それまでのおしゃべりや強い主張が一瞬にして無音になりました。


何も、言えなくなってしまいました。




大学生になってまで褒められて満足するな

6AKK飴
6AKK飴 / masahiko



このときのぼくの頭の中にあったことを思い返すと
たぶんぼくは先生に
自分の頭の中にある理論の鋭さを褒めて欲しかったのだと思います。
先生も頭が切れるので、
きっとぼくが考えていることを褒めてくれるだろう、
素晴らしい構想だと褒めてくれるだろう、
と。



「ほら、先生、こんなに素晴らしいこと考えているでしょう?
 ぼくの将来楽しみじゃないですか?」
完全なる承認欲求のかたまりです。


けど、先生はそれを褒めてはくれない。
まるでそれは評価の対象では無いというように。


そのようなことが頭の中にあって、
じゃあその上で、
これから何をしているのか。
それこそが評価の対象だったわけです。




「褒められたがり」の次へ行く

Peppers
Peppers / adactio


いくら立派なことを考えていても
「立派なこと考えてるでしょ?
 ねえねえ褒めて」
と褒められたがっていては、大学生にもなれば何ともならない。

偏差値の高い大学に行くと理論武装が上手くなっていくのですが
理論武装したって、そもそも届けるべき人には届かない。
それは誰かをぶっ倒して、関係ない人は「ざまみろ」と言うかもしれないけど
その立派な考えが本来向かうべき場所を見失ってしまう。


んじゃその立派な考えを、君はどうしたいんだ?
誰かにペンで伝えたいのか?
あるいはシステムを作りたいのか?
ビジネスしたいのか?
それを伝えるべき人に、どう伝えるかが大事。


褒められたがりから、次に行けよ。
人に褒められて満足しているところから次に行けよ。

そう言われた気がしました。


かつてある人に
「きみは頭いいかもしれないけど、結局ふわふわしてるよね」
と言われたこともありますが、
たぶんこういうことを言いたかったのかなと思います。




***


「で、今何しているんですか?」
その言葉を受けて研究室を出たぼくは、数日後、
自分で組んだ理論(それは今思えば拙いものだったのですけど)を
実践の場に移すことにしました。

「討議デモクラシー」という理論を実践するために
自分でゼミを立ち上げ、まずはそこから始めました。
そこから、被災地への会議の開催やサポートなどに範囲を広げていくことになります。


「先生に褒められたい」は、もう終わり。
自分が頭の中で考えることをどうやって伝えるべき人に伝えるのか。


何か友達と話していて熱を持って出てきた話でも、
いつも終わった後に、あのちょっと冷めたような投げかけを想像するようになりました。


「で、今何しているんですか?」



関連する記事
『君は批判する権利があるか? 批判のマナーを教えてくれた教授の一言が人生でめちゃくちゃ教訓になっている』
『文系だからと無視できない。地域保健・国際保健を考え行動するために【イベントレポート】』
『紹介します。厳選本51冊で僕の大学生活6年間を振り返る』

人生を、かっぽしよう
%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2LINE.001

スポンサードリンク








ブクマ(コメント)いただけると嬉しいです
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事一覧へ

書いた人のTwitter見てみる


Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓

毎日記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly