人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

ヘタクソが痛みを知るとウマくなる

エッセイ 目標達成
follow us in feedly

Skitch%20%E3%81%A7%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88

この前部屋の片付けをしているときに
久しぶりにギターを触っていて
そう言えば
ギターが本当に上手になったときは、
弦のおさえすぎで指先が切れたよなあと。


切れた指先にセメダインを流し込んでまで
練習をするギタリストもいたとか。


あの頃ぼくは
毎日毎日家に帰って練習して
ご飯を食べたら練習して
夜遅くになると近所に迷惑をかけないように
ティッシュを弦の下に挟んで弾いていたっけ。


聞いた話だと
筋力トレーニングをして筋肉がつくには
自分の限界までトレーニングをする必要があるらしい。
なぜなら一度筋肉の繊維を切って
もう一度再生するときに
次は同じ負荷で切れないようにと
強くなろうとするからなんだとか。
限界前で止めると、
あまり意味はなくなるそうな。


これと全てが同じ、と言うのは
そりゃ安直な話の展開なのかもしれないけど


やっぱり痛みを“勲章”とまで思えるほど
自分で迎え入れられるようになることは
必死で何かをつかむためには大切なことなのだと思いました。


少なくともぼくは、ぼく自身を甘やかしてしまうから。
痛みなく何かを手に入れようとばかりするのです。


すり切れた指先はまだ皮が硬くなっているけど
ぼくにとっては相も変わらず勲章です。


関連する記事


劣等生よこれが勉強だ。東大主席・財務省・弁護士の彼女が現実を教えてくれる - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ


大学で失ったもの 結局 死にそうになるまで勉強することって必要なんだと思う - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ


このエントリーをはてなブックマークに追加


毎日複数記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly