人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

卒業しました。照りと翳りを繰り返しつつ

エッセイ 大学生活
follow us in feedly

2015年3月25日、東北大学大学院 法学研究科 を卒業いたしました。

10949748_789014434518297_2589437563261073322_n



様々な思い、感慨はありつつも、
ここまで支えてくださった方々にまずは何よりも感謝したいと思います。

言葉にしてみると、
こんなに陳腐だったっけ、自分の気持ち?
と思ってしまいますが
周りに助けられ、育てられ、切磋琢磨し、今日この日、この状態でいることができています。

f:id:daichi6388:20150325235129j:plain

今日は大好きな友人と少しの時間を過ごし、パン屋に行き、パンを食べて、いつものように語って、いつものように「じゃあね、また」と言いました。


「照りと翳(かげ)りを繰り返し」
そんな言葉が今日は頭をずっとよぎっていました。

6年前、二浪を経てやっと入った大学生活も、終わりです。
案外こんなもんか、と。
もっともっと6年前が信じられなくなっているような気持ちでいるかとも思ったのですが
ある程度予定したような身上と感覚です。
相変わらず、元気一杯にやっているところもありますが、同時にどうしようもない感覚になるときもあり。


「照りと翳(かげ)りを繰り返しつつ」
どこで自分この語感聞いたんだっけと思ったら、これでした。

f:id:daichi6388:20150325231948j:plain
f:id:daichi6388:20150325232007j:plain


浪人が決まったときのこと。
ノートの裏表紙に自分の先行きの見えない感じを詠ったんでした。
今読むとちょっとこっぱずかしい感じもしつつ。
けど、過去の自分に失礼なのであざ笑ったりはしません。

あのときから変わってねえなあと思って
それいいのかよとか思ってもいますが。

どんな状況になっても、照りと翳りは自分の中にはありますが。

それでも
卒業です。


f:id:daichi6388:20150325131811j:plain


関連する記事

『浪人で入学入社した人へ 周りが後輩だと成長しません それで、ぼくはこうしました』
『人間関係がラクになる。僕が大学生活6年間で後輩から教わったこと まとめ』

人生を、かっぽしよう
%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2LINE.001

スポンサードリンク








ブクマ(コメント)いただけると嬉しいです
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事一覧へ

書いた人のTwitter見てみる


Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓

毎日記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly