人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

あなたを手放すときこそ、一番きちんとあなたに向き合っているという悲しさ

follow us in feedly

「今さら向き合おうとしても、もう遅いから」

自分がものを手放す時は、いつもそのものに対して一番考えてあげる時間になる。

それは、人だけではなく、ものだって、そうで。

バイキングで和洋折衷
バイキングで和洋折衷 / hirotomo



図書館の本の返却期限が来た時は、いっつも手にとって思う。

IMG_2093


「これ、ちゃんと読んだっけ?」
「まだ読んでないところなかったか?」
「もっときちんと読んでおこうか?」

あるいは
「きちんと読んでないから、もうちょい読もう」
と途端に本を取り出したりする。

それまで、見向きもせずに
「後でね、後でね」
と思っていたり、
もはやそれすら思わず存在なんて意識の彼方にあったのに
自分のものにしたくなる。
手放したくなくなる。

そうやって読まずに返した本も山ほどある。


「今さら向き合おうとしても、もう遅いから」
という言葉を、別れ際にかけられていた友人を思い出す。
雲行きが怪しくなったことを察知してから、急に態度を変えたのだった。
が、遅かった。


「これが欲しい」
「これとつながっていたい」
そうやって、うまく向き合えもしないのに
ワガママに欲しい分だけ抱え込んで、
結局はぞんざいに扱ってきたことは、
一体どれだけあるんだろう。

春の季節はそのぞんざいな分が、たくさんたくさん見えてくる。
なあなあにとり持ってきたものが、
「卒業」「離任」「転勤」
はっきりと別れ、離れていく。
今まで大切に思ってもいなかったのに、
「うわあ、残念だなあ。離れたくないなあ」
大切に思っていたように振る舞ってみる、
そんなずるい自分もいる。


それで、
もうちょっと、触れ合っておくんだったなぁ
と思うのだけど、
例えば、図書であれば貸出延長したりすると、
それはそれでまたその余裕に怠けて、おざなりになっていく。


だから、来年度こそは
無理にいい顔をせず、引きつった笑顔で付き合うことなく
あれもこれも、手に入れたり振り向かせようなんて思わず
自分が向き合って少し余裕あるくらいの範囲にだけ、
まずは手を伸ばしてみようと思う。

手放さなくとも、きちんと向き合える範囲で。


関連する記事
『人間関係がラクになる。僕が大学生活6年間で後輩から教わったこと まとめ』
『お母さん像』
『僕が言われて不快になったのは、話を「つまり」で「圧縮」されたから。心地良いのは「違うよね?」』

人生を、かっぽしよう
%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2LINE.001

スポンサードリンク








ブクマ(コメント)いただけると嬉しいです
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事一覧へ

書いた人のTwitter見てみる


Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓

毎日記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly