人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

なぜこれからの若者の恋愛でガツガツした気持ちが嫌われるのか

恋愛 マーケティング
follow us in feedly

モテなくても良いというひとが増えているそうです。


このような記事

「モテたい意識」しぼむ若者 異性より自分が好き :日本経済新聞

この記事から
96958A9E93819499E2EA9AE0828DE2EBE2EBE0E2E3E6E2E2E2E2E2E2-DSXMZO7686582009092014000001-PN1-16

96958A9E93819499E2EA9AE0828DE2EBE2EBE0E2E3E6E2E2E2E2E2E2-DSXMZO7686586009092014000001-PN1-16


なんでも
調査対象の20〜35歳の男女で
「モテたい」という気持ちが減っていて
理由の中には
「異性の目より自分の気持ちが大事」
という言葉も。



このことからぼくが考えることは
焦った恋愛は毛嫌いされるということ。
ゆっくり見極めて、選んで行く恋愛が増える
のです。



なぜそんなことが言えるのか。
SNSによってチヤホヤ欲が満たされることに
特に注目してみたいと思います。


若者の間で何が起きているのか

まず、この記事の中で「モテ」を意識しなくなった理由として

離婚の増加にも影響され、
恋愛のゴールとしての家庭にも夢が持てなくなっている

とあるんですが、いやむしろ逆だと思います。



ぼくが聞いて回る限り
結婚や家庭に対しては
前向きな理想をいただいている人が多い。



そしてもうひとつこの意見で疑問なのが
離婚の増加などの統計を
逐一知っている人がいるのかと。



チヤホヤされたい。若者は。すごい。

Sleeping 猫
Sleeping 猫 / 55Laney69

じゃあ若者は
異性含む他人を気にしないのか。
そこは違うと思います。


チヤホヤされたい。ぼくらは。すごい。


じゃなければ進んでSNSなんか使わない。
2013年の時点でアクティブユーザーは
各年齢層で少なくとも20万人以上いるわけです。
そして年々増えている。



どうして既婚男性がモテるのか。答えは「距離感」 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ


ほら。こんなにいる。

<1年間の年齢別Facebookユーザー比較>
%E5%B9%B4%E9%BD%A2%E5%88%A5%E5%A2%97%E5%8A%A0%E7%8E%87png2
若年層と年配層の増加 - 1年間の年齢別Facebookユーザー動向
より一部抜粋)


本当に「自分のことしか考えなくなった」ならば
SNSに投稿したりコメントするひとが
そこまでいるでしょうか。
いないと思うんですよ、ぼくは。
ぼくが飼ってる猫の画像とか
あげないと思うんですよ。


「モテたい」が変わったのは異性と簡単につながれるようになったから


ロールキャベツのミネストローネオムライス
ロールキャベツのミネストローネオムライス / Mayuki


そういう中で

確かに、僕自身
SNSがあったときとないときでは
異性への気持ちが薄らいだ感じはあるんです。


SNSがないような時代は目立つしかなかったのです。
友達がいないやつは。
異性となんてもってのほか。


だから、ぼくなんかはモテるためにギターを始めた。
それがモテないやつにとっての
起死回生の手段だったのです。
モテたい欲求の結晶ですよ。ギターなんぞは。


しかしですよ、
SNSで発信するようになってからは、
自分の投稿に女の子がいいね!してくれんですよ。
ギターやってた頃「いいね!」なんて
血反吐でも吐く思いじゃないともらえなかったのに、
今では今日食べたランチのオムライスをあげれば
いいね!のシャワーがやってくる。


なんかね。
高校生のぼくに「大丈夫だよ」って言いたい。


しかも顔を見たことない人とつながることもできる。
リアルに異性の友達がいないなら
こっちから作れば良い。


そうやって簡単に異性とつながりを持てるわけです。
で、そのつながりは「男女の関係」じゃなくても良い。


だから
異性とつながることが
男女のつながりという、
「モテ」を意味するわけじゃ
なくなったと言うことなんです


簡単につながれる時代は見極める恋愛が増える

こうやって異性に簡単にいいね!って言ってもらえたり
簡単に連絡をできる恋愛が増えると
そこまで男女の仲になることに必死にならなくて良い。
そして男女の仲という特別なものを得るためには
以前よりも選択肢はぐっと広くなったわけです。


こうすると
付き合い方自体も変わってきそうですよね。
つまりパートナーに求めることが
肉体的な安心感という人が増えるんじゃないかと。

この前の添い寝フレンドみたいな

“添い寝フレンド”という関係を彼女は持っていた - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ



そして、たくさんつながっている中から選べるわけですから
がつがつしなくてもいいし、極端にがつがつしている人は
嫌われて行く傾向になるんじゃないかと思います。


そういうわけから既婚男性

どうして既婚男性がモテるのか。答えは「距離感」 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ
がますますモテそう。

どうして既婚男性がモテるのか。答えは「距離感」 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ


ちなみにぼくは


2010091005440000


お粗末様でした。


PS.佐野ひなこにどうやったら会えるか
  戦略を立てる近頃です。


本文で紹介した記事


「モテたい意識」しぼむ若者 異性より自分が好き :日本経済新聞


どうして既婚男性がモテるのか。答えは「距離感」 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ


“添い寝フレンド”という関係を彼女は持っていた - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ



関連する記事


付き合いたいんです、飛び越えますよ - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ


「好き」や「愛してる」が分からないなら夏目漱石に聞けばいい - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ



はてブコメント簡単でもいただけると参考になります↓
このエントリーをはてなブックマークに追加


毎日複数記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly