人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

ぼくらの生活はガタガタ崩れていく。トラック一台で

エッセイ
follow us in feedly

電車が止まって、あたりはイライラした空気が流れ出す。

IMG_0019


今日は電車が止まって、直接の原因とそれにとまなう原因で、
たったひとつの駅を移動するのに40分ほどタイムロスしてしまった。


他の人もイライライしていたし、ぼくもそわそわしていた。
他の人の理由はわからなかったけれども、
ぼくは移動した後にカワイイ子との用事があったし、待たせているという感覚があったから。


電車に放送が流れる。
「申し訳ありません、現在電車が停止しております。
 原因は、高さ制限のある踏切に制限以上のトラックが突っ込みまして云々……」
とか、こんな感じの理由だったと思います。
とにかく、一台のトラックが突っ込んだんだと。


たったひとつのトラック。


たった一台のトラックが突っ込むことで、ぼくらの生活はおそろしいほど崩れていく。
例えば、今日ぼくが移動した後にわずかな時間しか取れない女性に結婚の申し込みをしようとしていたら。
例えば、一緒に乗り合わせた人たちがこの後社運を握る大事な商談を抱えていたとしたら。
例えば、この後に子どもと一緒に大切な記念日を家族で祝おうとする人がいたら。


たったひとつのトラックで、ぼくらの大事な日々は
脆くも崩れさる可能性を秘めているのだなあと思ったりした。
今日はまだ良いのだけど、電車が止まると駅員さんに食って掛かる人を、よく見る。
それだけぼくらの生活は、
信じた誰かや何かの背中に体重を乗せて生活しているし、
それが当たり前に動くと思っている。


そして同時に、その大きなものは、
ツンと一点を突かれるだけでガラガラガシャンと大きな音を立てて崩れる。
信頼が信頼どんどん崩していって、大事になっていく。


ネットの検索エンジン
巨大なSNS
交通システム
エネルギーシステム
ぼくらは大きなものをどんどん効率化させて、便利にしていくと同時に
トラックのようなたったひとつの出来事に、その信頼のドミノを崩されることを実感を持って感じられていないんじゃないかと思う。


便利で、強力で、けど、脆い世界。


こういう世界で、
本当に「個人の自由」「自己責任」「人それぞれ」なんて言葉で落ち着いて良いのかと思うけれども、
動き出した電車の中で、安堵して、この後会う予定のカワイイ女の子のことばかり考えている、自分。



人生を、かっぽしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事


改札で緊張するわけ - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

柔軟剤が忘れられない - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

人が集まる7つのコツ!仙台駅期間限定出店の「ハッピークレープ」に学べ - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ



他のエッセイも読む

エッセイ カテゴリーの記事一覧 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

書いた人をフォロー


Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓

毎日記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly