人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

何も挑戦しない人間ができるのは、算数ドリルのせいじゃないか?

エッセイ 勉強 家庭教師
follow us in feedly

家庭教師やら学習支援で教えていて、頭を悪くしてある原因じゃないかってことがあります。

ドリルのスペースです。


8a452e8e47b96b2e2f09a45cb8089ed4.image


たくさんのドリルを見てきましたが、
だいたい、余白が狭いんですね。

で、小学生はそこに回答を書いていく。


でも、途中計算とか書ききれないから、答えだけ書こうとして、頭の中で計算してしまう。


これ何が問題かって
無駄なことを書かなくなるんです。


ぼく、数学ができるようになったきっかけって
「間違ってても良いからなんでも書いてみよう」
って思ってからなんですね。

最初は的外れのこと書くんですけど、そのうち「これは」と思うことが見つかって、書いていくと答えにたどり着く。

たまたまでも、そういう経験が必要だったんです。


けど、それがないんですね。


じゃあ、ノートに書かなきゃいいじゃんってこともあるんだけれども
実際、だいたいの学校は、「ノートにやってね」という指導もなく、そのままドリルに書いて提出させてる。

すると、
解けなさそうな問題は、書かない
という結論になってしまう。


これ、思うに、何も算数だけの話じゃないと思っていて。


何かをなすときに、
やるよりも、やらないということがくせっいてしまうんじゃないかと。

まだまだしっかり検討できちゃいないんですが、そういうとこの経験って大きいんじゃないかと思うんです。


だから考えるときは、いつもそばに大きな紙を置いときたいな、と。


人生を、かっぽしよう


この記事を読んだらこちらも気に入っていただけるはず
なぜ「上手だね」と褒められると僕はすごいショックを受けるのか - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ
あっけないけど数学劣等生が模試上位になった大きい一言 - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ
スポンサードリンク



紹介します。厳選本51冊で僕の大学生活6年間を振り返る - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ