人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

大切な人へのイライラから解放されるには「期待感」をぶん投げる

恋愛 コミュニケーション
follow us in feedly

どうでもいい人にイライラするなら、まだ割り切れる。
けど、好きな人にこそイライラしてしまうのってのはどうしてなんでしょうね。


実はこれ、別にマンネリとかじゃなくて逆なんだそうで。
「好きだから」「大切な時間を過ごしてきたから」こそ出る期待感なんです。


けどそこから出る期待感、あえて「そりゃ!」ってぶん投げたほうが良いみたいです。

バズサーチ
バズサーチ / Norio.NAKAYAMA


「最初はね、相手のこともはや嫌いなんだなあとさえ思ってたの」
と言ったのは、結婚してもう15年近くになる女性カナコ。



相談した女性サナが
「長く一緒にいればいるほど、嫌いになっている気がする」と言ったことからその話は始まる。


最初の頃のほうが、求めていたことが返ってきたような気がする。
小さなことでもイライラする。
もう嫌になる。


「逆」とカナコはたしなめる。
「長く一緒にいればいるほど、好きになっていて、だからイライラしてんの」


好きになる、と、イライラする、がサナにはつながらない。


「イライラするのは、期待感のせいなんだよ」

カナコはこう言う。
大好きだと、これもあれも分かってくれるはず、返してくれるはずってなるし
長くいればいるほど、分かってくれた成功体験が増えてくるから、
今度も分かってくれるんじゃないかと期待しちゃったり
これだけ長くいるんだから分かってくれるんじゃないかと思ってしまう。
それは無いわけではないけど、それに寄りかかりすぎちゃいけない。
期待値が高ければ高いほど、返ってこないときのイライラって言ったらないんだよね


「私もそれでイライラしてたけど、だから、期待感なんて投げちゃった。そしたら、楽になった」


期待しないわけじゃなくて、期待しすぎない。
「ここだけは!ここだけは!」っていうところは
相手にきちんと伝えてあげてもいいし、
そこはいつもありがとうという気持ちは持つ。
それでいいじゃん。それ以外に何が欲しいの?





そう言えば、思い返すことがあります。
手塩にかけた後輩が会社を辞めてしまったときの友人の話。
「大切な後輩だったのだけど、あまりにも成長させたくて、
 『もっともっと』と負荷を与えすぎてしまった。
 いつの間にか、目標に達しない姿にイライラするようになってキツくあたるようになっていた」
と後悔していました。



期待しすぎない。
ということは、聞くと初めはネガティブな感じに聞こえる。
けど、それは相手に多くを求めすぎずないということにもつながる。
ほんの小さなことでも、幸福感を感じるということにつながる。
期待感をぶん投げる。

こちらの記事も気に入っていただけるはず
私の話なんか聴いてくれない そう言った彼女が後悔したこと - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ
君が抱く未来には僕はいないんだろう 分かってる - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ
なぜ別れようとする人に、ぼくは「一度アルバム見返して」と提案するのか - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ

人生を、かっぽしよう