人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

相性の良いパートナー探しに、なぜ本屋で待ち合わせをするのか?

恋愛 レビュー コミュニケーション
follow us in feedly

「相性の良い人を探すために、本屋はオススメ」
友人の女性は本屋をよく待ち合わせ場所にします。


ある程度仲良くなったら、
その人のことをもっと知るために本屋に行く、と。
そうすると、すごくその人のことが分かる、と。


Mmm... buttermilk drop biscuit peanut butter sammich
Mmm... buttermilk drop biscuit peanut butter sammich / jeffreyw

先日、こんな記事を見ました。


できる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか? - ネタりか



何でも、記事中で紹介されている著者では
著者が本屋で待ち合わせをするようになったのは、
本屋にぶらーっと寄ったことで知的ヒラメキが訪れ、
数十億の売上に上がったから。


記事では
「待ち合わせの空き時間をいかに有効に使うため」
が主に書かれていました。

仮に相手が10分遅れるとしたら、改札口でイライラしながら待つことになります。外で携帯をいじって時間つぶしをしてもいいのですが、本屋なら、その10分からも相当な刺激を得られます。
(中略)
退屈するどころか、本屋での5分、10分から得られるものは計り知れません。もちろん、自分が遅れる場合も、相手のイライラを抑えることができます。


が、これを読んでから
そういえば前に、気になる人とよく本屋で待ち合わせするって言っていた友人がいたなあ
と思い出しました。
そのときはさして興味がなかったので聞きませんでしたが(失礼)
今回のこの記事を読んで、そのワケがどうにも気になって、聞くことにしました。


Chapter 61
Chapter 61 / CJS*64


「あれはね、すごく良いよ。
 いつもは見えないその人の内面が出るから」
彼女はそう教えてくれました。


たとえば
いつもはキレモノそうな人に
「小説読みますか?」なんて話をして、
「読みますよ」「え、誰のですか?」
なんていう、意外な流れになったりするし、
ギャップがある作家の作品を読んでいたりすると、
苦手な人でも好感が持てたりするらしい。


あと、彼女はある程度知的な話もしたい人なので、
本のタイトルに関連することをネタに
「この前こんなニュースがあったじゃない?」という話にもっていくと、
「相手が知的さを持った人なのかを見ることができる」そう。


しかも、相手の話だけじゃなくて
自分のことをよく知ってもらえるきっかけにもなりますよね。


自分の話ってなかなか自分から言うタイミングないじゃないですか。
自分から言おうとすると、「聴いて聴いて」っていうイタい人になっちゃう。
けど、本がきっかけだったらスムーズです。
「あれ、何読んでるの?」って聞かれることもあるでしょうし。



そういうお互いの内面の深い深い話って、
ある程度時間をかけて色んな話をしないと分からない。
ヘタすると付き合わないと分からない。
付き合ってからフタ開けてびっくりなんてことも。


けど、そういう価値観とか、興味って長く付き合うには大事。
だからやっぱり早い段階で知れるに越したことはなく。


コミュニケーションにあまり自信がなくても
本をきっかけに、そこまで深い話をできるってとても良い方法ですよね。


彼女の場合、
そのまま相手と楽しくなってしまって、
遊びに行く予定を忘れ本屋で過ごした日もあるそう。
なんだか、良いですね、それ。



lovely book !
lovely book ! / Tim Geers


「オススメの本棚は?」と彼女に聞くと
「哲学書とか占いとかは、けっこう盛り上がるよ」とのこと。
しかも「恋愛観の話にも自然につながりやすいから」


「男性は料理本コーナーで待ち合わせして、
 料理好きな一面を何気なくアピールしたりするといいんじゃないかな」とも。




Bookstore cat at Ophelias Books
Bookstore cat at Ophelias Books / brewbooks

本って言うのは、
その人がどんなことを考えてきて生きて来たか
ということの積み重ねだと思います。
多くを語るよりも、読んできた本を知ったほうがよく分かるときもあります。


そういう点では、
長く付き合って行きたいパートナー(候補)のことを知るためには
本屋、すごくいいなと思います。


しかも、待ち合わせ場所に行ったとき、女の子が本読んでたらちょっとキュンとしますよ。
ああ、完全に個人的な趣味ですがね。


そう言えば、ぼくの場合
本屋を待ち合わせにしたり、ねらわずになってしまったときあったけれど、
そういうコミュニケーションできていなかったなあと思いました。
損してた。後悔。


PS. そう言う意味でも、ジュンク堂仙台本店、閉店しないで欲しいなあ。

ジュンク堂書店仙台本店 31日閉店 | 河北新報オンラインニュース



人生を、かっぽしよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加



本文で紹介した記事


できる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか? - ネタりか

できる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか? この「ひと工夫」が一流の人生を作る。

できる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか? この「ひと工夫」が一流の人生を作る。

本屋さんで待ち合わせ

本屋さんで待ち合わせ


関連する記事


本屋と話そう - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ


「別れてもすぐ次」「いつも連絡が欲しい」 “恋愛中毒者”への処方箋 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ


別れられない人に、すぐ別れる人は、こう言う - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

書いた人をTwitterフォロー
Twitter
119
Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓


毎日複数記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly