人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

なぜミスや失敗を「青」ペン修正することで成績が上がるのか

目標達成 アウトプット インプット 勉強 挑戦
follow us in feedly

あーまたミスってる。失敗した。
間違いを消す。消しゴム。


間違いは消すべきもの。


けど、二浪して成績が急上昇したあの年、それを変えました。
間違いは青ペンで直すように。


そして今
「青ペン」は失敗を前向きに考え
成功に導くために大事なこと。

Whole Grilled Branzini
Whole Grilled Branzini / cookbookman17



EFEBCCB6-1F87-474E-8FC5-3982C86C9DCD

この言葉が、とても共感できました。

誰もがコップを持っている
…(中略)…
コップには、失敗をすると水が少しずつたまっていきます。コップが溢れるときが成功です。
要は、失敗を全くしない人は1ミリも水がたまらないということです。
成功するには、コップに水をためる必要がある


コップに水をためよう by 仲 暁子
(改行は大地による)

以前も紹介した仲暁子さんの言葉ですね。


コップを成功するためのバロメーターと考えて
そこにためる「水」は「失敗」。
失敗は溜まるほどに成功につながる。


IMG_0013


ぼくはこの仲さんの言葉に深く共感するところがあります。


というのも
二浪目の頃、間違った箇所を青ペンで修正して、
どうして間違ったのか、どうすれば良かったのか、次はどうしようか
ということを書くようにしていたから。
そうすれば、次は青の部分だけをチェックしそこをクリアできれば点数になる。


上の画像は、ぼくの当時のノートの実物です。


「ひとつの問題で、ひとつの学びを残そう」
そういう言葉が赤本に書いてあって
それまでの問題を解く姿勢が変わったわけです。


本番以外はどれだけ正解したかを喜ぶのではなく、どれだけ失敗したかを喜ぶ。
そんな姿勢に変わったのです。


成功は明日には忘れろ。失敗は忘れるな。
そんな名言をどっかで聞いたような、聞いてないような、もしかしたら自分の名言かもわかりませんが
成功は薬です。
ちょっとくらいあれば、次へのエネルギーになりますが
ありすぎると、それに依存するようになります。


成功も失敗もどちらも赤ペンで修正したら、
そりゃ丸のついている正解の数を数えたがるに決まっています。
だから、
赤ペンは「獲得ポイント」として把握はする。
青ペンは「伸びしろポイント」として把握する。
そうすれば、青が多いほどに「自分はもっと伸びるんだ」思える。



正解して気分が良くなるために問題を解くのではなく
予想と違う部分を学びとして
ひとつでも多く収穫するために、
問題を、解いていく。


次第に、青ペンがあると嬉しくなる自分がいる。
青ペンがひとつもないと、不安になり、つまらなくなる。
気づけば学びを得るために挑戦しよう、と気持ちに切り替わっている。


もっと挑戦しよう。
もっともっと挑戦しよう。
やればやるほど、伸びしろが見えてきて
得るものしかないと感じるようになる。


Coloured Pencils [3]
Coloured Pencils [3] / MDrX


仕事の場になると、受験ほど失敗に対して楽に構えられないかもしれません。
だって、仕事は毎日が勝負の場。
失敗したら迷惑をかける人たちがいます。
「学んだ〜」
なんて喜んでばかりもいられません。


ただ、ここでも「青ペン理論」や「コップに水理論」が使えます。
要は「めげてばかりいてもしょうがない。全力でやったものは全力で次に生かそう」ってこと。
上手くいったかいかないかばかりに一喜一憂していると
明日も明後日もバクチです。あたるかどうか分からない。
そしてまた同じように、めげる。


それなら昨日の失敗はできるだけ使ってやりたい。じゃないと損だ。


Grilled saury
Grilled saury / pelican


成功した数よりも失敗した数がその人間を作り出す。
毎日の赤ペンと青ペンの割合は、ぼくの場合は6対4くらいがちょうどいいかな。
どちらの色も多すぎても、少なすぎても、嬉しくはないんです。


水をためよう、青ペンを喜んで書き込もう。


人生を、かっぽしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

本文で紹介した記事


2、3年目に入りやりたいことが分からないと嘆く人へ 勇気を持ってブレよう - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

関連する記事


周りのデキる人につられてブレる人へ 贈ります。勉強方法に大きな確信を持たせてくれた予備校講師のある言葉 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ


全然上手くいかないと嘆くけど 「結局あなたは何をしたんですか?」 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

著者 大地の二浪時代逆転劇の話はこちらから
Skitch%20%E3%81%A7%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88

書いた人をフォロー


Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓

毎日記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly