人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

「別れても応援してる」って言われた

follow us in feedly

別れても応援してるって言葉、あれひどくね?

という話になった。


ああ、そうだな、そう言えば思い返せばそんなことをよく言われてフラれてたっけな。

なんて思いだす。

f:id:daichi6388:20160222230131j:plain


彼がそんな言葉が出してきた、ことの経緯。

彼の話。


別れても応援してるね。

彼にはやりたいことがあって。その話をよく彼女と話していた。

できるといいね、楽しいね。そういう時間が楽しかったし、彼女もそうやって追いかけてる姿がいいと言っていた。


なのに、別れの言葉が、それで。



応援してるなら、どうして別れるんだ。

その気持ちは言葉にしないようにした。ズルズル行くのはかっこ悪いと思ったから。なぜか背中を押された気がして、どうにもできない気持ちがあった。


応援してるねって言葉が彼にはずっと残っていて。

だから、悩んだりふさぎ込んだ時、ことあるごとにまたしても相談の連絡を入れてしまっていたそうだ。


やさしい彼女だからさあ、最初は相談聞いてくれてたんだよね、と彼氏が言うように、彼女は少しの間はたまに連絡しても返してくれていたらしい。

けれども、そのうち素っ気なくなり、最後に返信が来なくなった。


何を言うわけでもなく、


彼氏できたから、連絡しないで欲しい。


という連絡が来たのは別れてからしばらくしてからのこと。


ああ、そうなの、なんて何気ない返事を返したけれども、次第に気が立ってきた。


応援するんじゃねえのかよ、と。


その気持ちは、結局応援なんかしてねえんだよな。
というイラつきに変わる。




別れても応援してるって言葉、あれひどくね?


その言葉はそういう体験から出てきた。




たぶん、そうだ。

応援なんかしていない。

前ほどには。




「もう付き合えない」っていうのと
「嫌い」っていうのは別もんである。


できるだけお互いにショックなく行きたいから「応援してるね」って言葉で終わらせる。


それは八方美人でもあるし、思いやりでもある。

じぶんのためでもあるし、あなたのためでもあるし、周りの人のためでもあるかもしれない。

だから、そう言うしかない。




あいつとは、友達でやってけると思ったんだけどな。

と彼が言う。

それでも、たぶん言われたほうがよかったんだろうな。

とまた彼は言う。


たぶんまだ好きだったろうからなんだかんだで。

と。




「別れても応援してる」

この言葉はズルさの結晶なのかもしれない。


それでもきっと、応援してるって言ったその一瞬だけはきっと嘘じゃなくて、1ミリくらいは、がんばれって思ってたんだろう。



やさしい言葉ってのは難しい。

誰かを裏切ったりするから難しい。


それでも、優しいやつなんだよな、あいつ。
って彼は言うから、やっぱり難しい。


人生をかっぽしよう