人生かっぽ

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

別れてあなたはどうしたいの?

follow us in feedly

昨年、私のことをフった元カレが、やっぱり好きだと言ってきた。
やっと踏ん切りがついたのに……。
私は戸惑っている。


大切なのは、
あなたにとってその別れは何でしたか?
ということじゃないかなって思うんです。

f:id:daichi6388:20180221222847j:plain
「質問箱」っていう匿名で質問を募集できるサービスが面白いので、
ちょいちょいやってみては、質問に答えていたんですけど。

あ、ぼくへの質問箱はこちらです。
peing.net

ぼくは以前からブログへの質問もこちらで受け付けておりましたので
こちらからもどうぞ。
長い質問はこっちからのほうがいいです。
www.jinseikappo.com



さてさて
その質問箱のなかで
その中でこんな質問がありました。

f:id:daichi6388:20180221221849p:plain



それに対して、ぼくはこんなふうにこたえました。

言うたら、別れること自体に正しいも間違いもないと思うわけです。

だとしたら、

別れたことにどんな意味を持たせるのか、持たせたいのか。

ここに対して自分なりにどんな結論を持つかによって
今後どうするかが決まると思うわけで。

別れても結果が違った二人の女性

f:id:daichi6388:20180221222957j:plain


「お互いに、強くなろう」
と言って別れた二人がいました。

ふたりでいると、それぞれにやりたことに手がつかなくなってしまって
なあなあにしてしまって、
休日も二人でベッドでごろごろしてたりして
そんな日が続いたある日、彼女が彼氏に切り出しました。

仕事もおろそかになる。
日々の生活もおろそかになる。
自分で考えないといけないことを考えずに弱音ばかり吐く。

そんな自分に嫌気がさして。
彼女のほうから別れを切り出した。


それから1年くらいしたときだったか、
彼女のほうから「もしまだ付き合ってない人がいないのなら」と
切り出して、彼氏のほうも恋人はいなかったし、まだ好きだったから
もう一度付き合った。

そんな話を聞いたことがあります。


逆にこんな話もある。

彼女は彼氏のたまに弱くなるところが好きで。

けれど、
だんだんと付き合ううちに、
そういう部分が嫌いになってしまっている自分がいて。
イライライライラするようになって。

「別れよう」と切り出した。

彼氏は未練がたっぷりあって。
けれども彼女はもう前に進む覚悟ができていて。
別れ話もなかば彼女が押し切るようにして終えた。

「私はもっと強い人と一緒にいよう」そう決めて。

1年近くたって、その昔の彼氏からご飯の誘いがあって
ふたりでご飯を食べると、やっぱり彼に対して好感はあった。

「もう一回やり直せない?」
と聞かれて、彼女は揺らいだ。

嫌いでもないし、好きか?と聞かれると、そうなのかもしれない。
けど、

彼女はやり直さなかった。
それは
彼女が彼と別れるときに、今度は彼とはまた違った人と付き合ってみようという決意をしたから。


この2つの話。
結果は違うけれども、とても大切なことは、
「別れにどんな意味を持たせるか、どうか」

別れたことを
自分を見つめなおす機会にするのか。
次の誰かとやり直す機会にするのか。
全ては自分次第だから、
「あのときあの別れがあったから……」
の「……」の部分を考えていきたいなと思う次第です。
別れるってどうしても流れに身を任せちゃうんでね。
けど、自分で選べる別れくらいは、自分なりに考えたくて。




別れにルールは何もない。
ないんだから、どうありたいのか。
それがたぶん、「別れ」を「人生の落し物」にしないコツなんだと思っています。



人生を、かっぽしよう