人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

トーキョーには何もない

まち歩き エッセイ
follow us in feedly

トーキョーは、何でもあるので、何もない。
とか言ってみる。


84c02f543df10c73770a94450b88b255.image


トーキョーに行ったとき、お土産を買おうとする。


けど、思う。


同じもの、地方からでも買えるよな。
ネット通販やってんじゃないのかな。


ひと昔前は、こうだった。
「東京に行けば、何でもある」


けど、今はそれが少しずつネットに取って代わられる。
ネットで注文すりゃ、買えるんじゃない?


発想が逆転する。
希少さがなくなったわけだ。

「何でもある」は「何にもない」
に変わっていく。


「東京」というまちの上に「トーキョー」というまちが重なっている。

それは「東京」ではない。トーキョー。
田舎のぼくからすると、トーキョーには、ここにないものが、何でもある場所というイメージで。

トーキョーは、東京ではなくて、ぼくの頭の中にあったんだろうと思って。
東京という場所にある必要はなかったんです。
そして、トーキョーは、ついにネット上にほぼ置き換えられている。


そうしたとき、「ない」ことが、豊かであることを、やっと知ったのです。
今この瞬間に欲しいものから。
今この瞬間にしかないものを求める。


東京に行ったとき、お土産に持ち帰れない景色を探すのも、そのせいだろうと思うのです。



この記事を読んだらこちらも気に入っていただけるはず
『シェアする用の写真を撮る自分は、だいたい最初からできている』
『「やったほうが良い」ことばかり手を出すクセを持つのは』
『佐藤ノート№12 〜バスは最善の通学方法〜』
『紹介します。厳選本51冊で僕の大学生活6年間を振り返る』

人生を、かっぽしよう
%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2LINE.001

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


この記事を気に入ったらいいね!



スポンサードリンク


最近の記事一覧へ

書いた人のTwitter見てみる


Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓

毎日記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly