人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

「自然な出会いがいいよね」なんて傷つくことを怖がる僕の言いわけでしたよ

コミュニケーション 大学生活 恋愛
follow us in feedly

「自然な出会いがいいよね」「自然なかたちがいいよね」
ってよく言っていたわけですよ。
いろんな人間関係において。ぼくは。


あんまり人間関係に対してがっつきたくなかったんです。
がっつきたいじぶんでいたくなかった。
周りにも迷惑かけちゃうから。


けど、そう思っていたぼくは実は
人のこと考えてるフリして、じぶんのことばっかり考えていたのでした。


どっちにしたってエゴだろ

骨付きフライドチキン 
骨付きフライドチキン  / [puamelia]

大学入ってから、ほんとうに出会いがまったくない。
サークルにも入らず、飲み会系のイベントにも顔を出さない。

今思えば、そんな状態で出会いなんぞあるはずもないのに
偶然的に出来事が降りてきて、そこで出会いがあるはずという日々でした。


「いきなり話しかけたら失礼だよな」
とか、思っていて。


そんなときに、初対面の女子にもおくせずに話しかける友人を見る。

ぼくとしては、そんな行動は非常識だったから、
「おまえ、よく話しかけられるよな、そういうふうに」
なんて言ってみた。


「話しかけないの?」
キョトンとした感じで友人が言ったから
「いやいや、失礼かもしれないから、無理」
と言い返した。


そうすると、
「それ、嘘っしょ?」
と。


「誰かに失礼だからじぶんから行かないなんて、
 けっきょくじぶん守ってるだけでしょ」

「いやいやいや、だって迷惑じゃん、実際。
 よく分からないやつから声かけられたら」

「そんなの、対人関係の始まりはみんなそんなもんっしょ」

「それは自分勝手のエゴでしょ」

「おいおいおい、何を聖人ぶってんの。
 エゴでしょ。どっちにしたって。
 きっかけ待つのも、
 きっかけ見つけて話しかけんのも、
 きっかけ無くて話しかけんのも、
 どれだって、エゴでしょ」


「おまえよく考えてみろ。
 おれと関係持ったほうが相手が楽しいし、おれも楽しいし。
 そう思わん?」
「はあ?」

なんだそりゃ、どんだけの自信だよ。



けれども、その後、友人のその言葉をまざまざと見せつけられる。
いきなり話しかけられたときはちょっとビックリしていた彼女も
なんだかんだで楽しそうに話している。


なるほど、こういうことか。




自然な出会いなんて安全地帯にいるだけ

Fried Chicken! Mmmm...
Fried Chicken! Mmmm... / SykoSam



友人が言いたいことをぼくなりの言葉で理解するなら
「最終的にはじぶんが相手を楽しませるんだ、
 くらいの自信を持って話しかけていけ」
ということなんじゃないかなと。


「自然な出会い」なんて、「リスクのない関係」と同じで、
それはつまり、じぶんにあんまりダメージのない関係。

相手を大切に思っているように見せかけて、
けっきょくのところはじぶんが傷つきたくないだけっていう。


じぶんが傷つかないようにするわけだから、
それ相応の人間関係の範囲しか広げられない。
傷つくことや恥ずかしさなどで怖がっているじぶんには、
けっきょく今のアンパイな範囲のものしか手に入らない。


そういう気づきが、後頭部をがっつり殴ってきました。


「失礼かも」じゃなくて
「じぶんが相手を楽しませる」という気持ち。



最初は飲み屋のおっちゃんから

chicken fried bacon with bacon maple caramel - Wave - Baconfest 2013.jpg
chicken fried bacon with bacon maple caramel - Wave - Baconfest 2013.jpg / opacity


いきなり女の子は無理なので、それからというものぼくは
立ち飲み屋さんにひとりでいるおっちゃんを中心に話しかけていきます。

「ひとりっすか?」

おっちゃんは、気軽に話しかけてくれる良い人が多かった。



じぶんから出会いを見つけて話しかけるようになってから変わったのは
何か新しいことに挑戦していくことが怖くなくなったということ。

「よっしゃ、えい!」
みたいな感じで、体が軽くなるんです。

たぶん、恥ずかしさを感じづらくなったからです。
知らないひとにどんどん話しかけていくことで。
別に変に見られてもいいや、と思えて。




***


自然な出会いなんてない。
出会いのきっかけと、それを無駄にしない挑戦するじぶんがいるだけ。


傷つけることや傷つけられることが怖くて、人間関係やってられるかって思ったのです。

命まで取られるわけじゃないし。


そうやって、少しずつ話しかける範囲を、
バイトにも広げていくことになったのです。copy.hatenablog.com



人生を、かっぽしよう

この記事を読んだらこちらも気に入っていただけるはず
スポンサードリンク



紹介します。厳選本51冊で僕の大学生活6年間を振り返る - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ