人生かっぽ

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

記:もう一度ブログを書く

follow us in feedly

もう一度、ブログをやってみよう。

という気持ちを、ここに書くのはもう何度目になるだろう。

最近よく、旧友に会う。
会いましょう。
そう言われるたびに後ろめたい気持ちになる。

https://www.evernote.com/l/ACYBKlE--ltIvJ_8vqPB7DPLvLvaQu6gQYoB/image.jpg



なんだろうな、この感覚は。と思っていた。

それが、先日言われた言葉でピンと来る。

「最近はブログどうですか?」

その瞬間、あ、これだ。と気づく。

www.jinseikappo.com


ここに書いているように、
誰かに何かをアピールするためにブログをやっていたのではなくて
そう、自分にある意味で「無駄さ」を作るために、ぼくはブログをやっていたのだと思い出す。

「無駄さ」は「豊かさ」だ。
世の中の他の人も、日々自分のメインの場所のことで頭がいっぱいで。
だからこそ、他人が無駄なことを考えていると、ありがたくなる。
バラエティ番組みたいなもんだな、と。
自分から調べようとは思わないけれど、
たまたま目に入れば「へえ、面白い」なんて見る。
それで、観ている間はとてもリラックスする。

誰かにとって、ぼくはたぶんバラエティ番組で
会ったら会ったでまあ面白い人でいたんだろうし
自分もそうありたいと望んでいた。

旧友に会った時の後ろめたさってのはこれで。
たぶん、話していても今の自分全然面白くねえだろうな。
と思っていたのは、こういうありたい自分じゃないからで。

だから、己を、恥じた。

本当にありたかった自分は
なんかこいつ、毎日思考ぐるぐるしてこんなこと考えてんだ、へえ。みたいな。
そういう天然記念物的な存在でいたかったんだよな。
と思い出したんですね。

で。

Twitterに書くのも違うな、と。
ここに、ブログに書くから意味があるんだと、やっぱり思います。


本当に、ブログに救われていたのは、ぼくだったんですよね。


www.jinseikappo.com

書こう。と決意しました。
でも、また書かないかもしれません。
そしたら、またおんなじことを書きに、ここに来ようと思います。


人生を、かっぽしよう