人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

続けられる人間になるために大事なたった1つのことが分かった

エッセイ
follow us in feedly

最近、ぼくのまわりでブログを書いているひとや書きたいというひとが多くなってきて。

そういうなかで、ぼくがよく聞かれるのが
「どうやったら書き続けることができるのか」
ということです。

けど、続けるよりも、もっと大事なことがあると最近思うのです。


IMG_4379



習慣ってのは、そのひとをあらわすものだと思ってます。

ぼくが大好きなことばのひとつに次のようなものがあります。

繰り返し行っている事が、
われわれ人間の本質である。

ゆえに優秀さとはひとつの行為ではなく、
習慣によって決まる。

アリストテレス

もちろん、続けるためのぼくなりのコツはあるんです。
ちょっと思いついたネタはネタ帳に書いておくとか、
書く時間と場所を決めるとか。


けども、続ける方法を見つけるよりももっともっと大事だと最近思うようになったのは
「たとえ一度ダメでも、また立ち上がる」ということ
ぼくはこれを最近、ドヤ顔で言うようにしています。


たとえば、三日坊主でもいいと思うんです。
だけど大切なのは三日坊主になったあとに、
もう一度1日目を始められるかどうか、ということ。


ぼくはぜんぜん続かない人間で。どっちかって言うと。
早起きも、間食も、節約も、
始めよう、と思ってはダメになります。

あとは、やろうと思ったことも、途中でけっこう投げ出すほうです。


ブログもそうでした。


ぼく自身、続けたいとは思って本腰を入れ始めたブログではあるけれども、
正直、こんなに続くもんだとは思わなかったわけで。


それでも、今では400日以上毎日更新しているのですが
その前には何回も毎日更新を目指して、ダメで、目指して、ダメで、
ということを繰り返していました。

で、いちどダメになると、もうぜんぜん体が動かない。
「ダメだったー」ってショックがデカすぎるんですね。
「続かなかったー」って。


ただ、何回目かの挑戦で、今のようにブログも続くようになり
他のことももっと続けられるように頑張ろうと思うようになり
そこで思ったのは
続けようと思ったことがちょっと続いて、
それでもダメだったときに目を向けるべきなのは
「続かなかった」ことではなくて
「次、始めること」だったんだ、
ということでした。

それまで、ことばではなんとなく理解していたことを、今は、身にしみてわかるようになりました。

だから今はすごく気持ちが楽。

また始めればいいから。


現在は、習慣化したいことが、早起き、筋トレ、囲碁、株の勉強、とありますが、
たとえダメでも、また始められればいいやと、思うんです。



関係ないすけど、明日は十五夜ですね。しかもフルムーン。




人生を、かっぽしよう

この記事を読んだらこちらも気に入っていただけるはず
スポンサードリンク



紹介します。厳選本51冊で僕の大学生活6年間を振り返る - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ