人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

プレミアム残業デーだった皆さんへ

仕事術
follow us in feedly

どうも、効率的な仕事ぶり、充実した私生活、ビジネスパーソンです。


プレミアムフライデーいかがお過ごしでしたか。

はい、残念なお知らせ。


f:id:daichi6388:20170226112109j:plain



ぼく安定の90分残業でしたよっ。


一部によれば、
あれはほんの一部の企業のみが採用していたものらしいですよ。
河北新報によれば「全国で120社ほど」だとか。「全国」て。

www.kahoku.co.jp


それ以外の大部分企業は採用してなかったので
プレミアムフライデーどこ吹く風だったそうですお疲れ様です。


まあ、そりゃそうですよ。

そもそも定時退社になるってことは
飲食店はみんな頑張りどころ。
小売もみんな頑張りどころ。

つまりは誰かが休めば誰かが稼ぎどき。
つまり働き盛りフライデーなわけですよね。


うん。


けど、
プレミアムフライデーにする」
っていう考え方自体はぼくは大事だと思うんですね。

なんでかって
そりゃ一言で言えば
「残業なんてないに越したことはないから」で。
単純明解。

残業減れば
大切な人と過ごす時間は増えるし、
趣味に時間かけられるし、
睡眠時間は増えるし、
企業の生産性も上がるし、
副業したい人は時間ができるし、
景気は良く回る。
イチャイチャする時間は増えるので
少子化が解消できるかもしれない。


じゃあどうやってそういう雰囲気にするかって言うと、


「今日はプレミアムフライデーだ!」
ってみんなで言い続けることがまずは大事なんだと思うわけで。

そうやって
「さっさと上がるほうが楽しいし、
 残業してるやつマジで損してるしダサい」
って空気感を作らないと。

就職してもいまだに信じられないのが
残業代が残業した分だけ入ることと、
残業してるやつ「お疲れ様、頑張ってるね」という雰囲気。

これダメ。
これ無くしてかないと。

「残業?マジでダサい」
ってしないと。



みんなで「残業、今月は何時間に減らす!」
って宣言し合えばいいと思うんですよね。
SNSとかで。

で、「仕事おわったー!」とか言い合おうぜと。
終わらなかったら公の場じゃないとこで原因を伝え合って考えたらいいじゃんと。


そんなことするのはどうだろか。


まあそんなこんな言ってますけど
かく言うぼくもまだまだ残業キングなわけで。

それでもようやっと少しずつ
成果を上げながら残業時間を減らし始めています。


今月の目標は残業時間28時間におさめたい。


ぼくが残業時間を減らした方法は
追ってココでも書いていきたいと思うわけですが
(というか、残業を減らすってことをひとつの
 テーマとしてやっていきます)



直近読んでオススメの書籍は

こちらの本とか

Amazonbutton


こちらの本。

Amazonbutton



ね。

仕事のとっかかりは『なぜあなたの〜』のノウハウで、
増え続ける仕事のコントロールは『マニャーナ〜』のノウハウ
ものっすごく役に立ちました。


みなさん、来週こそはプレミアムフライデーを自らの手で勝ち取りましょう。


ぼくは勝ち取る。


プレ金は3枚で500円の豚ロースステーキをスキレットで焼いて食べた単身世帯男性より



人生をかっぽしよう