人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

「既読」表示のせいで僕らに「待つ力」がなくなってる

恋愛 コミュニケーション LINE ストレス
follow us in feedly

「既読スルーをめっちゃ気にしてしまうよね」
って話をまえに男女数人で話したことがあって。

LINEなきゃこんなことにはなんないのにね。
とか


距離が近くなればなるほど、待つ力がなくなってる。


apples
apples / yukop


むかしは、手紙で。

それが電話になって。

メールになって。

相手がすぐにでも捕まるようになる。


だから捕まらないようにすることもおぼえる。
いまケータイ無くしててさ、なんて。


それがいまや「オンライン上」とか「既読」がつくようになる。


「ねえ聞いてる?」
「なんで返さないの?」
相手が画面ごしに見えるから、よけい気になって、返事を求める。



ぼくらの距離は、どんどん近くなってて。


近くなってるはずなのに、さびしさも前よりずっとずっとすぐにやってくる。


「待つ力」みたいなものがあるなら、それはずっと弱々しくなったんじゃないかと思うのです。



ずっと前は、じぶんの気持ちを届けられるだけでも嬉しかったんだろうけど。



やっと返事が来て、それだけで嬉しかったのに、返信して、またおなじことをくりかえしちゃう。
また待てない。


「読んでよ」
「なんで返さないの」
「何この返信」


『走れメロス』セリヌンティウスはメロスの人質として3日待った。


セリヌンティウス、強いよなぁ。


人生を、かっぽしよう

この記事を読んだらこちらも気に入っていただけるはず

走れメロス

走れメロス

スポンサードリンク



紹介します。厳選本51冊で僕の大学生活6年間を振り返る - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ