人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

なぜ彼氏に「かわいい」って言われると嫌いになるのか

恋愛 コミュニケーション
follow us in feedly

愛情表現ってのは難しいなといつも思う。
相手に対して好意を示す言葉なのだけれど、それがうまく伝わらないこともある。

それどころか、その表現がいつのまにか相手の首を絞めてしまっていることもある。


ちぐはぐな愛情表現の言葉はひとを押しつぶしてしまう。


彼氏に「かわいい」って言われると嫌いになってしまう。

『彼氏に「かわいい」と言われると嫌いになる』


一見、はあ?って言ってしまうひともいるかもしれないけれど
想像してみてほしいんです。

言われ続けるじぶんを。

褒められると頑張れる経験は誰にもある

金箔黑松露 | Gold foil truffle
金箔黑松露 | Gold foil truffle / angelhsu





ちょっと本文からとくに印象に残ったところを引用してみる。

「かわいい」は客観的な器量の良さに対しても使われる言葉で、私は私のことを客観的にかわいいと思っていないし、ましてや共通の、私の容貌を知っているコミュニティで「彼女がかわいくてたまらない」なんて話をされると、「あいつの彼女べつに大したことねえのになあ」とみんなうっすら思っているんだろうなというのが予想されて、もう鳥肌が立ってしかたがなくて


じぶんの大好きな人から、愛情表現の言葉として
「かわいい」「かわいい」と言われ続けていたり
「かっこいい」「かっこいい」と言われたりしたら
より一層、かわいさやかっこよさに磨きをかけたくなる。


これは多くのひとが経験するところだと思います。


最初はそれが嬉しくて、
おしゃれに気を使ったり、体型を気にしたり、顔の手入れに力を入れたり
もっともっと一生懸命になる。


けれど、それがだんだんと緊張感になる。
「かわいい私じゃなくなったら嫌われる」
「かっこいい私じゃなくなったら嫌われる」



褒め言葉」というのは、
だんだんと「期待」になり、
期待はだんだんと「重圧」にもなる。


「愛情表現」という期待が「だから好きなんだよ」って条件に聞こえ始めるとき


金箔カステラ (gilt castella)
金箔カステラ (gilt castella) / inazakira


「かわいい」が
だんだんと
「かわいい(から好き)」
というふうに聞こえてくる。

今回のご本人はどこまでそうなのかはわからないけれども。


恋愛の相談をしていると、けっこうこういう「ほめ言葉による重圧」はけっこうある。

「料理うまいよね」とか
「綺麗好きだよね」とか
「寝相いいよね」っていうことまで
ほめ言葉による重圧になっていたんです。


それで、なくなったときに、どうしよう、と。
最近、じぶん、サボりすぎてる。
これじゃ一緒にいても嫌われるし、付き合う資格なくなっちゃう、と。


勝手にプレッシャーになって。



今回の記事の「かわいい」は「愛おしい」って意味なのだと思うのだけど
だんだんとそうも聞こえなくなってくる。

「かわいい」ってことばがじぶんへの好意を示す言葉として何度も使われて、
それに対して嬉しくてがんばっていると
それが「好きになる条件」みたいに首をしめ始める。



これは恋人だけではなくて、子どもに対してもそうだと思います。
「かけっこ早いね」とか
「残さず食べれたね」とか
「満点すごいね」とか。



こうして、ほめ言葉は「じぶんとあなたじゃない誰か」と比較した中で 自分を評価 しているんだという勘違いに変わってしまう。

「他のひとと比較して、ここが優れているから、私が選ばれているんだ」と。

とくに恋愛関係。
恋愛では相手を自由に選べる世界ならば、親子関係とちがって、よけいにそう思いやすい。
だから選ばれているんだ、と。
そうじゃなくなったら選ばれないんだ、と。




愛情表現の言葉なんてなんだっていい

Gold Flake & Strawberry
Gold Flake & Strawberry / naotakem



好意を示す言葉なんて実はなんだっていい。

けど、「愛おしい」じゃ言いすぎる、
なんて言おう?
そうして考えた結果が「かわいい」っていうことなのだと思います。


元記事のコメントのなかにもあったけれども
「面白い」ってほめ言葉もそうで。

面白い、面白いと何度も好きな人から言われていると、
そのうち面白いじぶんでなくちゃいけない、
という負荷がおそろしいほど乗っかってくる。
それはじぶん自ら乗せていることも多いのだけれど。


ぼくもこれをかつて言われて、勝手にプレッシャーになり、
バラエティの司会みたいに面白いことしゃべり続けないと、って思って
ずいぶんと話術はきたえられました。



「愛おしい」の代わりの言葉。
ぼくは「ブサイク」っていうことばだったりもする。
それはこちらで書いて、なかなか理解者もいました。


何を言っても結局のところプレッシャーになるとしたなら、
「お互い、まあそんな気にすんなよ、どっちにせよ好きだよ」と伝え合うことが大事なんかな、と。



 ***


これは「あたしのどこが好き?問題」にも通じることだと思います。www.jinseikappo.com
www.jinseikappo.com




照れ隠すことなく、「好きだよ」って言ったほうが、うまくいくのかもしれないなあ。


人生を、かっぽしよう
%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2.003 %E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2.002 %E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2.001
はてなブックマークに追加

この記事を読んだらこちらも気に入っていただけるはず
スポンサードリンク



紹介します。厳選本51冊で僕の大学生活6年間を振り返る - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ