人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

女子高生が身につけてる 今すぐ誰でもできる仲間をみるみる増やすコツ

コミュニケーション 電車
follow us in feedly

電車に乗っていたとき。

10人ほどの海外旅行のご一行が乗っていた。
バケーションだろうかと思って見ていた。


日本人顏ではないひとが、しかも大きめのナップザックを背負って
それほどの人数で電車のなかに入ってくるのは
さすがに田舎ではめずらしく、いやでも目がいってしまう。


他の人たちもぼくと同じ気持ちらしく、
あからさまではない感じで視線をやっていた。


その乗客のなかに、女子高生がふたり、いて。


Cherries
Cherries / QuinnDombrowski

その女子高生たちはそれまでの時間も電車のなかで
ひときわ明るい声を出していたのだけど
その海外のひとらをみたときも、
ふたりで視線をやりながら、なにか喜ぶように、
彼らに目をやったり、ふたりで目を合わせたり、笑ったり、を繰り返していた。




その10人ほどいたうちの、2人が女子高生の横の座席に座る。


横に座った海外の人を横目に見ながら、彼女らは笑う。
何を話しているのかはわからない。



失礼なんじゃないかな。




なんとなく、そんなふうにぼくは思って、ことの成り行きをそわそわしながら見ていた。


その視線と笑顔がじぶんらのほうに向けられたと気づいて、海外のひとが彼女らを見る。


そのとき、女子高生らは目をそらさずに、彼らを見て笑い続けた。

彼らは英語で女子高生らに話しかけるけれど、いまいちその英語が分からないらしく

「え?なになに?」
「え?わかんないー」
と言って、笑ってまた彼らのほうを見る。
そうして、彼らも意味はわからないだろうけど、
彼女らが笑うから彼ら2人で顔を見合わせて笑い出す。


女子高生は人たらしの天才

cherries
cherries / www.tOrange.biz


女子高生が笑顔でひとの輪を作っていく。


実はこういう姿を見たのは、このときだけじゃないんです。

電車に乗ってるだけでも、けっこうな数を見てきて
まちなかも合わせると、数えきれない数を見てきました。


ぼくは一時期、女子高生のひとの輪のつくりかたを
コミュニケーションの勉強としてめちゃくちゃ観察したときがあるんですけど
いや変態なんですけど。



彼女らのコツって、ことばにしてみればすごく簡単で。
「とにかく笑う」
これだけ。


もうずっと笑ってる。



関係ない話でも、笑う。


それだけなら誰でもできそうですけど
彼女らがすごいのは、まだ言葉を交わしたことのないひとの話を聞いても笑ったりする。


「笑いの包囲網」が広いんです。


笑うってのは、
「敵意がないですよ」「好意を持ってますよ」のあらわれなんで
笑ってもらえてるほうとしたら
「あ、好意的に思ってくれてる」
と感じて、仲良くなりやすいわけです。

さすがに知らないひとの輪に話しかけて入っていくのは変な人と思われるんですけど
こうやって笑うことで、自然な流れをつくる。

そうやって言葉を交わしたことないひとまで好意で輪を作っていく。


そしてこれが女子高生から進化して、バイト先の女性のパートさんでも
ひとの輪をつくったり、仲間に入っていくのがうまいひとは
みんなと言って良いほどできていたことでした。


女子高生は、仲間づくりのプロなんですね。



cherries say
cherries say "i love you!" : san francisco (2014) / torbakhopper


電車のなか
さっきの女子高生たちはもうすっかり隣の彼らとは仲良しで
なにが面白いのか、たまに笑いながら目配せをしあう。


そのうち、海外からの一行のうちひとりの女性が、
バックから何かを取り出して「食べて」と言うように仲間に配り出す。

なんだろう。
と見てみると、さくらんぼがプラスチックの容器に山盛りに入っていた。


そうか。
今日はさくらんぼ狩りに行ってきたんだろうとそこで気づく。


座っていた彼らの友人2人にも配ったあとに、
その女性は、その隣にいた女子高生2人にもさくらんぼを笑顔で差し出す。

おどろいた顔で「ん?」とじぶんの顔を指さして女子高生が聞くと、
「そうよ、あなたのことよ、食べて」と言うようにその女性がほほえむ。


女子高生2人が顔を見合わせて、また笑うと、
「Thank you」
と、そこで初めてことばが出て、さくらんぼをひとつずつ受け取る。



笑顔の力をあらためて知るのです。



人生をかっぽしよう


この記事を読んだらこちらも気に入っていただけるはず
彼女の会話力スキル「あなたってこういう人」が逆効果だった - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ
彼女はイブに彼氏を手放した。「恋人」でも「友達」でもないカタチにして - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ
スポンサードリンク



copy.hatenablog.com
紹介します。厳選本51冊で僕の大学生活6年間を振り返る - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ