人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

人が一番海に近づく日

エッセイ
follow us in feedly

海の日」だそうですね。

今日。

年取ってきたからなのかな。
こういう祝日の由来とか気になってきますね。

どれどれと、調べてみる。

C70F793A-7AB3-4495-A5C7-11405E32D1BE

なんでも、明治天皇がその昔、船に乗って各地の人々を巡る旅に行き、
7/20が青森から横浜へと到着した日なのだそうで。

そこから、この日が「海の記念日」になったのだそうですよ。

それから、平成7年に海の仕事を頑張ってらっしゃる方々に向けた気持ちも込め、「海の日」となり。

「ついでだったら月曜お休みになったほうが良いよね」
ってことで「ハッピーマンデー」のひとつとして
7月第3週の月曜日になったそうです。

そのおかげと言っちゃなんですが
今では海に感謝するよりも
「よっしゃ月曜休み!」と言う自分がいるようにも感じます。



ぼくと海との関係で言えば、ぼくは海の記憶があまりありません。

両親が好んで行くタイプでもなかったためだと思います。
「その結果、海や山はリスクのある場所だ」と無駄に恐る人に育ちました。

幼いときの写真を見ると、潮干狩りとか行っているようですが
自分から「この瞬間を頭に残しておこう」と思うようになってから
海に行ったことはそれほどないのです。


そこから、
フェリーに乗って大海原の上に行ったのが大学二年生のころ。copy.hatenablog.com

そして海で遊んだのが大学院1年で熱海に行ったときでした。

どちらも夜だったので、真っ暗な海を見て
どこまでも終わりのないその姿に囲まれて
「畏怖」
というのは、こういうことを言うんだなと実感した記憶があります。



今日は海の日

昨日、ホヤとマグロの刺身を食べました。
海の恵みです。

https://instagram.com/p/5UonRlRGGj/
ほや食う幸せ#ホヤ #海鞘と書く



海には行けないけど、この一切れを食べるときに、
いつもよりもひと噛み多くしたいものですね。


便利な世の中になると、
恵みがどこからともなくやってくるように思いますが
こういう記念日のときくらいは、
少しだけ海を思ってみるのも良いなと思いました。


だって海について考えるように努めよ、と、法律にまで決まってるんですもんね。


今年は偶然にも本来の7/20が、7月第3週の月曜日に当たりましたね。


海の日
一年で人間が海に一番近づく日です。
どんな海を思うでしょうか。


良い、海の日を。


スポンサードリンク