人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

「セックル」って書くことにした。Google広告の「アダルト警告」が厳しすぎんじゃねえの問題

ブログ
follow us in feedly

エロスは激怒した。

必ず、あの邪智暴虐の王 Googleを除かねばならぬと決意した。

エロスには政治が分からぬ。
エロスは仙台のフリーターである。

ブログを書き、猫と遊んで暮らしてきた。

けれども、邪悪に対しては人一倍敏感であった。

ことの発端はこの記事である。

blog.skky.jp


この中で書き手である しっきーさんは、その丁寧で、すんと背筋が伸びるような文章を書いている中で、文脈でこう書いた。
「セック●したい」


そしたら、である。


Google大王がお怒りになり警告してきたという。
「大王」と書いて「おおきみ」と読んでほしい。


i.001



かく言う私も被害者のひとりだ。


www.jinseikappo.com



具体的な流れは上の記事を読んで欲しいが、同じようにキーワードがエロいよ、と警告が来たのである。
何がエロいのかよくわからないけど、かたっぱしからエロいのをチェックして行って「これか?エロいのはこれか?」とチェックし、ひとつずつ変えて、次第に「ぼくという存在がエロいのではないか?生まれ変わる?ん?」とかなる始末である。


しかし、この記事を書いているときは、そんな警告は全く来なかった。




諸君。
そして「セック●」から「性行為」に変えただけで何の音沙汰もないのである。

きっとクロールロボットがキーワードに単純に反応して
「セック●」←(´Д` )「はいアウトー」
とかやってるのである。



わたしゃ怒っているのである。


そして、しっきーさんは、こうつぶやいた。



そしてこれにヒトデさんも反応した。


ヒトデさんのブログはこちらである。

www.hitode-festival.com


そう最近その月間50万PVの手腕を生かしてブログ相談を独占禁止法適用レベルで発動させるも一気に10人以上も集まって夜中に募集を停止させるというあのヒトデさんである。巨人ブロガーイケダハヤトさんにブログで取り上げられ「さっさと仕事やめろよ」って言われたヒトデさんである。



お二方ともブロガーとして足を向けて寝られないほどの存在であり、その類まれなる文章のなかにさらりとエロを挟み込むプロである。



被害者が多発しているのである。




これに最近結婚0周年記念日を発表し、本当はエロいかもしれないけどエロさとは程遠い朗らかな日々をお過ごしあそばされる、これまたブロガーの大先輩であるらくからちゃさんが反応する 婚姻関係おめでとうございます。


しかしヒトデさんは穏健派であり平和を愛するピースな人である。誉(ほまれ)である。澤ではない。



Google大王に従うことにした。


しっきーさんも大人であった。


部分的な修正は認めるものの、全体の内容はあくまでこのままだ。
書き手としてなんて誇り高い判断であろうか。
そして元気がない。
Googleよ、しっきーさんは元気がなかったのだ命拾いしたな。



で、ついにぼくも我慢できずにこの超会議に参加。



そうしたらである。
らくからちゃさんが、である。

あの結婚0周年記念という朗らかな文が

www.yutorism.jp


全僕を感動させ心を震わせたことが売りのらくからちゃさんが、である。




ぶっこんできたぜ!おい。

私のあの日の心の震え返せ

しかも検証2つもぶっこんできたぜ


あれか、これがあれか、いま流行ってる
クラウドソーシング」
ってやつか。



そしたら、しっきー殿が。
元気のないしっきー殿が。



決意!


しかもらくからちゃさんの提案していない第3の選択肢!
なに「セクロス」って「マクロス」みたいでかっこいい。
なにどゆこと デキる男は違う。



元気のない殿がやるって言いなさったのだ。


そういうわけで。




ぼく、セックルって言うことにした




あのですな。



そりゃどんな文脈でも「セック●」とか入ってくるだけで不快な人もいるであろう。
しかしである。

そんなこと言ったら「安保法案」とか「アベノミクス」とか「チャゲアンドアスカ」とか書いてあっても不快な人は不快であろうよ。
そんなの言葉の多数決だろうよ。


するなら全体の文脈の中で内容審査をきちんとして欲しいし、ダメな理由もこちらがある程度納得なご説明をして欲しいよ。


そういうわけで、エロスは大王に人の言葉の持つ力を分からせんとするために立ち上がったのであるよ。




しかしわたしにはGoogleに人質にするものは何もないのであるよ。


とりあえず、最後に言っておく。セックル。




参考文献

走れメロス
走れメロス
posted with amazlet at 16.01.07
(2012-09-27)



人生を、かっぽしよう

この記事を読んだらこちらも気に入っていただけるはず

スポンサードリンク





紹介します。厳選本51冊で僕の大学生活6年間を振り返る - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ