人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

どうでもいいけど、エレベーターよりもエスカレーターが好きだ。

エッセイ
follow us in feedly

エレベーターよりも、エスカレーターの方が好き。
寄り道の楽しさを教えてくれるから。


141e7d61a646fba2c7b6422b355d2c8f.image


昔、高校生の時、現代文の文章だったかな、
「エレベーターは、今いる階から目的の階まで一瞬にして運ぶ。
 しかしエスカレーターは、その過程も目に移らせながら運ぶ」
というのを読んで。
そっから意識しだして。
時間が切羽つまってない限りは、ゆったりエスカレーターでいくようにしている。

まあ、あれだ
手をつないだカップルが横並びにエスカレーター乗るのだけは
お兄さんゴールテープみたいにそこ走り抜けたくなるんだけどね。


今の時代は色んなものが「レコメンド」という形でオススメされて、自分にあったもんですよ、と言われる。
「プッシュ型」なんても呼ばれるけども。
あっちこっち無駄足を踏まなくても、欲しいだろうものが目の前に現れる。


けど、エスカレーターから見えるものは、何にもオススメしてこない。
こっちなんか振り向いてもくれやしないもんに、
自分から目線をぐいと伸ばし、
あの惣菜、んまそうだなぁとかわずかな嗅覚を伸ばしたり、
ああ、母の日にあのクリーム色の手帳はどうかな、とか思ったりして。

ぼくはデジタル時計よりもアナログ時計が好きで、もっと言うと砂時計が好き。
針が分と分の合間、秒と秒の合間をきちんと動いているのを見ると、
時間を方角みたいな感じで把握する。
「こっちからあっちに行く間に何してようかな」


人間は、「こっち」と「あっち」を一瞬のうちには切り替えられない。
どんなときでも、「こっちからあっち」がある。


出発地と目的地だけじゃないんだ。
人間の人生ってやつは。


その途中にあんまりにも豊かで彩な道が、幅広に伸びている。
そしてその道端に咲くものを想像力の手でいくらか紡いでいって、本来の目的地だったとこに着くと、最初想定していた景色とはだいぶ違うものが見えたりする。

道草しすぎて、我を見失うこともあるけれども。


エスカレーターは少しやさしく、少しだけいじわるに、ゆっくり上がる。


そうやってぼくはブックオフにたどり着くわけだ。


関連する記事
『コンプレックスに悩む彼女が 自分よりも太って一重の女性から教わったこと』
『何してんだよ、まったく』
『自分を遊んだヤツを見返したかっただけだった』

スポンサードリンク



人生を、かっぽしよう
%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2LINE.001

スポンサードリンク


ブクマ(コメント)いただけると嬉しいです
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を気に入ったらいいね!

最近の記事一覧へ

書いた人のTwitter見てみる


Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓

毎日記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly