人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

『ぼくは愛を証明しようと思う』で本当に愛は証明されるか【おすすめKindle本 限定セール】

follow us in feedly

恋愛の常識をぶち壊して恋愛をもう一度考えたい人へ


本当に純粋な恋愛なんてあるんだろうか?
たったひとりを愛し続けるなんてあるんだろうか?
浮気って本当にいけないことなんだろうか。


『ぼくは愛を証明しようと思う』


ガッツリした自分の経験を踏まえたレビューは、こちらの記事に書きました。



この本、おすすめしたい人は

おすすめしたい人
・イマイチ恋なんてよく分からないという人
・恋愛に臆病な人
・コミュニケーションに臆病な人
・正統派の恋愛に疑問を抱いている人
・難しいこといいから恋愛したい!っていう人


逆にオススメしない人
こういう方法にアレルギーがある人。根っこから否定しちゃう人は、読んでいてもよく分からないと思います。
他のこともそうだけど。



一度悪魔になるくらいの気持ちで、読んでみてください。
もう悪魔の人は大丈夫です。これ以上行くとデーモン小暮になってそのまんま相撲中継とか出ちゃうと思います。


まあ、とりあえずじぶんのコミュニケーションは見直す機会にもなると思います。
ここに書いてあるコミュニケーションがすべて良いって言ってるわけじゃないっすよ。



Amazonbutton

本日2015年1/6
『ぼくは愛を証明しようと思う』
が1日限定セールで大幅値下げしています。




これを読んだ今だからぼくは思うのですけど、
「やさしくなる練習」だと思うんですね。


「選択肢の豊かさ」って、「余裕」につながると思うのですけど、この本の中にはとにかく声をかけて連絡先を聞いて、心理的な距離を近づける方法がたっっくさん書いております。


たくさんの人に声をかけるから、その分一人二人から返信返ってこなくてもあんまり傷つかなくなってくるんですね。


そういうのをいろんな人を同時に相手にすることで練習して、次第に「本当にこの人しかいない」って人ひとりに対しても余裕を持てるんですね。「もう恋愛とかどうでもいいや」って。

そのためには、もうぼんぼんフラれないといけないと思うんです。



そういうふうに、「浮気性の男がどんどこ女を抱くための本」ではなくて「フラれてもメンタルを強くする本」って見方で読んでみると、また面白いと思います。


著者 藤沢数希さんとはあちゅうさんとの対談も、なかなか面白かったです。

藤沢数希,はあちゅう(伊藤春香)<『ぼくは愛を証明しようと思う』発売記念対談 「恋愛ってなんだろう?」> - 幻冬舎plus



世間の声の一部を紹介しておこう








セールは本日2015年1/6のみ



Amazonbutton


人生を、かっぽしよう

この記事を読んだらこちらも気に入っていただけるはず

カラダから始まった恋人関係は、ダメなんですか。 - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ
スポンサードリンク




紹介します。厳選本51冊で僕の大学生活6年間を振り返る - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ