人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

いつまでも仕事を提出できない僕を劇的に変えた上司の「まず60点取れ」

バイト 行動化 時間管理 アウトプット
follow us in feedly

「終わらねえ、なんでいっつも
 仕事提出遅くなるんだよ……」
まただ。また仕事が間に合わない。


課長がPCにかじりつく僕を見て言う
「60点取りなさい」

……

abrAsus 保存するメモ帳abrAsus 保存するメモ帳 / yto


「佐藤、次のチラシ作ってくれないか?」


「え……あっ、はいっ!」


事務方のバイトをしていたとき
チラシを作るというのは
なかなかに大きな仕事で。


(よっしゃー、頑張ろう!)


そのとき
ぼくは腕まくりをする気持ちで
気合いを入れてPCに向かいました。


「高橋(仮)には次の企画の段取りの計画作ってほしい」


「はい。わかりました」
高橋は何となく軽い返事をする。
課長席にいる高橋が見えました。


ぼくは絞めきりを
3日ほど与えてもらったので
十分良いものを考えられる。


ああいうレイアウトにしようかな。
いや、こっちも捨てがたいな。
やるんならとびっきり良いものを作ろう。
アイディアは数時間かけて練りました。


そうこうしている間に、高橋は
さっき与えられた仕事をすでに提出している。
(おい、テキトーに仕事しすぎだよ)
まったく、と呆れながら高橋を見る。
やっぱり、見ればいろいろ課長に指摘されている様子。


ぼくは丁寧な仕事をして指摘されまい。


3日後。


「終わらねえ、なんで……!」


焦っているぼくがいました。
あんなに余裕があったのに
提出できないのです。


「佐藤、終わったか?」
課長が近づいてくる。


「いや、あとちょっと。すいません」
課長も見ずに返事をする。


そうすると
課長がPCを覗き込んで
「なあ、佐藤」と。


「100点満点狙ってないか?」
そう言ったのです。


「え?」


「100点満点はあとで取れば良いんだよ
 まずは60点取ることを目標に提出しなさい」


不思議そうな顔をしているぼくに続けて課長は
「最初から完璧を目指していたら、そもそも終わらない。
 終わらなければ、0点と見なされてしまう。
 それはもったいないことでしょ」


そうか。


ぼくは高橋を思い出しました。


高橋がやっていたのはこれだったのです。
彼は提出を早めにして
テキトーに仕事を終わらせていたのではなく
一回提出をしてその後に
上司との方向性を確認し軌道修正していたのです。


そうすれば期日までに
少なくとも合格点のものを
提出することができますし
そこからは
求める最高の出来に修正して行けば良い。


これはぼくにとっては難しい発想でした。
だって、優等生でいたいぼくにとって
「指摘される」ということは
「怒られる」ことを意味していたからです。
優等生にとって評価と言うのは怖いのです。


けどそんなこと言っていては
仕事は前に進みません。
たとえ「違う」と言われたとしても
考えるべきは自分の評価ではなく
そこからどうやって
前に仕事を進めるか
ということなのですから。


BananasBananas / IAN RANSLEY DESIGN + ILLUSTRATION

「まず60点を取る」
これはぼくにとって大きなキーワードになりました。


メールでも企画書でも計画書でも
まず60点のものを作って
確認できるなら確認する。
そこから、少しずつ積み上げ
もっともっと良い仕事にして行く。


「仕事が早い」
そう評価していただくことが多くなり
前のノロマだったぼくからすれば
劇的な変化だと思います。


関連する記事


たった3つのことで身につくアイディア実行力 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ



両立できない僕が3つを同時平行できたシンプルな発想 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

評価されることがこわい人へ

あるアルバイトの提案が否定されたときに上司がかけた一言が、彼の提案力を上げた - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

完璧主義のひとへ

佐藤ノート№15 〜完璧の岸壁〜 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ


はてブコメント簡単でもいただけると参考になります↓
このエントリーをはてなブックマークに追加


毎日複数記事アップ中!最新記事はこちらに登録すれば見逃しません。簡単に登録できます。
follow us in feedly