人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

仙台駅に1週間だけ現れたバー&ミュージアムが素敵です

follow us in feedly

改札を出ると、すげえなあとため息が出ました。



竹鶴のキャンペーンで仙台駅改札前に特設ブースが。

黒と金の色合いがめちゃくちゃ綺麗で
なんか無駄に画像撮りたくなりました。

ブース外はウイスキーボトルに囲まれて
竹鶴さんのイギリスからウイスキーを学ぶ歴史が書いてあって面白い。
どれだけ必死で学んで来たかが分かります。

そして
ブース内は簡易バーになっていて
ウイスキーをロックやハイボールでも楽しめるみたいで
近づくと、ふぉわんというクセのない甘いウイスキーの薫りがしました。

ウイスキー好きの僕は何度誘惑に負けそうになったか。
けど、さすがに用事があったので昼間はやめました(笑)


動画だともうちょっと様子が分かるかもしれませんね↓

JR仙台駅に「竹鶴」ブランドの期間限定バーがオープン(宮城14/06/16) - YouTube


ミュージアムの中にはお酒だけではなく
実際に竹鶴さんが着ていたコートや旅行かばんも。



そして、竹鶴さんが実際に書いたノート。


ノート好きの僕にはたまりません。やたらとべたべた触ってみます(ごめんなさい)

ウイスキーを勉強した後に書いた報告ノートみたいです。
どういう場所に工場を出したほうが良いかとか
どういう風にウイスキーを醸成するかとか
そういうことが丹念に書かれていました。

やはり、こうやって実際に紙に刻み込んだような本人の字を見ると、想像が膨らみます。

竹鶴さんが見ていた景色や、感じていた風、気温
そういうものも自然と想像してしまうのは直筆ノートの醸し出す不思議さですね。


こういう中で

竹鶴さんと一緒にウイスキーを飲む楽しみも感じられそう。


6月22日までやっているそうです。
ぜひ仙台駅に足を運んでは。