人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

ちょっとマンネリ。新しい自分に向けて殻を破れない自分へ贈る 厳選8名言

挑戦 名言
follow us in feedly

春だけど、なんか結局同じ毎日…となりがちな自分の背中を押してくれた
ビビッと来た名言8つを紹介します!

これくらいでいいだろ、と妥協しがちな自分へ
勇気が出ない自分へ背中を押すために
まだまだ時間はあると甘えている自分に向けて

大きく分けて3つに分けました。


これくらいでいいだろ、と妥協しがちな自分へ

せっかくプロサッカー選手になれたのに、アンパイな生き方はしたくないんすよ。—相馬崇人(サッカー)

せっかくプロサッカー選手になれたのに、アンパイな生き方はしたくないんすよ。(相馬崇人) - 今日の名言 2013.10.15 - Number Web - ナンバー



諦めるな 一度諦めたらそれが習慣になる。─映画『がんばれ!ベアーズより。』

@izawatyannより


誰もが自分自身の視野の限界を世界の限界だと思い込んでいる。─アーサー・ショーペンハウエル

偉人たちの名言集6


せっかく立てた次のステージ。
いざ立ってみると怖じ気づいて守りに入っている自分がいる。
始めは「これが叶ったら死んでもいい!」くらいに思っていたのに。


こなすことに安心してしまいます。
そういう自分で落ち着こうとしてしまいます。

あの頃の自分を思い出したいです。
挑戦することに喜びを持っていた自分を。

失敗しても良い。

けど
諦めないこと。
全力は尽くすこと。
うまく収めようなんて思わないこと。

結果は自分以外のことも関係して来るので、成功したりしなかったり。
だから、せめて自分がコントロールできる「自分の気持ち」だけは、高く持っていたい。


勇気が出ない自分へ背中を押すために

たいていの者は、自分でも思いがけないほど、すばらしい勇気を持っている。─カーネギー

偉人たちの名言集6

事件の渦中に入ってしまうと、人間はもはやそれを怖れはしない。─サン・テグジュペリ

偉人たちの名言集6


挑んだことがないことって規模の大小に関わらず
ものすごいビビってしまいます。
簡単な電話一つもビビってしまうんです、僕。


でも、「えい!」とやってみると意外とできたりする。
しかも、ぶっ壊れたように色んなことをどんどんやるようになる。


最初の一歩を自分で勝手に怖がっているだけなんですね。
本当は、自分はもっともっと力がある。


まだまだ時間はあると甘えている自分に向けて

望ましい速さで行動できないのは、業務が非常に難しいからではなくて、可能なときには必ず先延ばしをするのが習慣になっているからである。─エドウィン・ブリス『タイム・マネジメント』

http://nanapi.jp/43676/


目標とは、締め切りのある夢である。─ドティ・ウォルターズ

http://nanapi.jp/43676/





「まだ大丈夫」「何とかしてくれるだろう」
と人任せにしがちです。
変に楽天家。

確かに、新しい場所に立つとよく分かってない状況で手探りかもしれませんが
「まだ大丈夫」じゃなくて、結果を見据えてはいたいもの。

「ボールを持ったらまずゴールを見ろ」
とサッカーのコーチが言ってくれたのを思いました。
最初からパスをすることを考えてはいけないのです。
だってゴールに入れるのが目標なわけだから。


いつまでに何を達成する。
それをまず言葉にする。そうすれば嫌でも意識する。
他人に言う。そうすると守らない自分が恥になる。だからやる。

どれくらいの目標が正確なんだ?とか考えがちで
そもそも目標立てることに時間を割きまくってしまっていました。
目標なんてそんなに正確に言う必要ないし、まずは大体で始めればいいんですよね。
未来を完璧に予想するなんて無理だし、あとで修正すれば良いのだと気づきました。




新しい生活が始まって、ちょっとだけ経ったからこそ
色んな気持ちが生まれて来ます。

だからこそ、落ち着こうとしている自分に喝を入れて行きたい。