人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

すぐに諦めてしまう人へ

ブログ
follow us in feedly




大学に行く直前に坂道がある。
そう
本学出身の小田和正
「なだらかな坂道を上れば」と歌っていらっしゃったが
実は朝になると
ある学生は必死に上り
またある学生は途中で挫折し
またある学生は坂の直前で自転車から降りる
そんな坂。
入学の際に母親を連れて行ったら腰を悪くして
もう大学には行かないと言わしめた坂。


その坂を上るときに先日僕はふと考えたことがある。
何か頑張っているとき
目標を立てて頑張るときは
まるでこの坂を上るみたいだな、と。

必死で自転車をこいで
もうダメだ、もう降りようと思う。
けど
最後までは行けないけど
すぐ目の前にある木まで頑張ってみようか。
柱の地点まで頑張ってみようか。

そうやって
少し先の目標までまずは頑張ってみる。
ひとこぎ、ひとこぎちょっとでも前へ。

目の前の目標をクリアし
その次の目標をクリアし
その次も…
そして気づくと、坂を上りきってる。

こんなもんか。
上りきると意外とあっけなかったりする。



何か目標を掲げたときに
それだけ見ると果てしなく遠いのだけど
まずは目の前のちょっとした目標と
その先の目標くらいを決めて
ちょっとだけ先に行ってみようという気持ち。
ちっちゃいけど、そのひとこぎがあるかないか。
そんなことなんだと思う。



僕はそうやってメンドクサイことを考えながら
自転車をこいでいます。